ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?めんどくさがり屋インドア女子の奮闘記

旦那のおばあちゃんのような日本知識

ドイツ人の旦那とは日本で知り合ったんですが

その頃から(そして8年経った今も!)彼は日本語が話せません。

 

ただ昔から

なぜか日本に関してものすごく偏った知識を持っていました。

 

今回は

そんな旦那の変わった日本の知識について書きたいと思います。

f:id:akane1033:20161025095009p:plain

 

 

旦那の偏った日本語の知識

8年前、旦那と出会った時

彼は「コンニチハ」ぐらいの日本語しか話せませんでした。

 

それにも関わらず

 

Kuzu 

Umeboshi 梅干し

Gomashio ごま塩(旦那の発音は「ゴマージオ」)

Ume-Sho-Bancha 梅醤番茶

 

などなど、、、

 

なぜかこういう、食べ物に関しての謎単語

最初からたくさん知っていました。

 

「(日本語は話せないくせに)

なんでそんな単語知ってるの!?

 

と、当時はかなり驚きました。

 

だってさー

梅醤番茶なんか

名前は一応知ってましたけど

人生のうちで発音する機会なんてそうそうないですよ。

 

しかもまだ20歳そこらの若者だった私に

梅醤番茶のターンは、まだ訪れていなかった。

 

そんな中

日本語が話せない外国人

英語で会話している時に

突然梅醤番茶をブっこんでくるとは思いもしないじゃないですか。

 

なので

最初は全然意味が分かりませんでした。

 

「ウ、ウメショーバンチャ???」

ってな感じで。 

 

風邪をひいた時

で、これらの食べ物に関する謎単語

旦那も使う機会があるから知っていたわけなんですが

 

特に使うのが、風邪をひいた時。

 

夜は葛湯!

「風邪ひいたっぽい」と言うと

「葛湯を飲め!」

打てば響く速さで返ってきます。

 

旦那はKuzuyu(葛湯)の愛飲者です。

というか葛湯信者です。

 

彼は葛湯のことをそれはそれは信用していて

どこに行くにも必ず葛粉は持っていきます。

 

で、旦那と付き合い始めてから

海外で初めて葛湯を飲まされたんですが、、、

 

これが、マズイ。

 

以前盲腸の手術をした時に

術後初めての食事として重湯を飲まされたことがあるんですが

全くあの味です。

 

というか、味がない。

 

重湯葛湯も飲んだことがないというラッキーな方は

おかゆの米抜き

もしくはおかゆの汁の部分のみを食べると思ってみてください。

 

あのドロッとした感じが、、、

 

うぁぁああ。

 

風邪ひくたびに無理やり飲まされているので

最近はだいぶ慣れましたが、、、

 

最近では、風邪をひいても

旦那には言わずできるだけコッソリ治すようにしています。

 

朝は梅醤番茶 

夜は葛湯(マズイ)を飲まされ

朝は起き抜けに梅醤番茶を飲まされます。

 

これは番茶に梅干しと醤油を入れたものなんですが

こっちは結構イケる!

 

ちなみに梅干しは

私の祖母が作った自家製梅干

日本から持ってきて食べています。

 

旦那は

このすっぱ~い祖母の梅干し大好き。

 

レシピを聞いて来いと、口酸っぱく言われます。

梅干しなだけに。←

 

痛い所には、しょうが湿布

こちらはあまり頻繁にはしませんが

指圧の過程で症状がひどい人にはGinger Compress(しょうが湿布)をすることも。

 

しょうが湿布って

日本のものなんだとは思うんですが

個人的にはやったことありませんでした。

 

こちらも、海外で初めて体験。

 

おばあちゃんと一緒に住んでたりすると、やったことある人もいるんでしょうか、、、?

 

私の実家は核家族だったので

そんな機会も全くありませんでした。

 

旦那が思っていた日本で有名な人

旦那が初めて日本に来たとき

いろいろな人に聞いて

そして誰も知らなくてショックだったという日本人が、この2人。

 

Masahiro Oki(マサヒロ・オキ)

オキ・マサヒロさんという方。

 

しーらーねぇぇぇー!

誰それ!?

 

って思いました。

最初聞いた時。

 

でも旦那の中で

オキさんはかなり偉大な人らしいです。

沖 正弘(おき まさひろ 1921年1985年)は、思想家ヨガ健康法指導家。戦後日本におけるヨガの草分け的指導者で、その普及に努め、ヨガブームを作った立役者。

引用:沖正弘 - Wikipedia

 

沖正弘さんは、ヨガ健康法の指導家

日本でヨガブームを作った立役者だったそうです。

 

し、知らなかった、、、!

 

沖ヨガの特質は、ヨガを現代的かつ総合的に解釈し、ヨガ・禅・陰陽哲学・東西医療法と修行法を総合した立場から、生活のすべてを修養法・修行法・治病法とするユニークなシステムである。

引用:沖正弘 - Wikipedia 

 

この「沖ヨガ」(海外では「禅ヨガ」とも)を

旦那はオーストラリアで習得したんですが

その時の師匠が、沖さんから直接指導を受けた弟子だったそうです。

 

旦那は、沖さんの書いた本もたくさん持っています。

 

もちろん全部英語版ですが。

 

海外のその筋の方には、有名人なのかもしれませんね。

 

George Osawa(ジョージ・オーサワ)

こっちも

 

誰ぇぇぇー!?

 

ってなりました。

最初聞いた時は。

 

しかも旦那の発音だと

「ジョージ・オーシャワ」になってるし、、、。

 

ドイツ語訛りなんでしょうか。

ますます誰なんだか分かりません。

 

櫻澤 如一(さくらざわ ゆきかず、生来はにょいち。1893年10月18日 - 1966年4月24日)は、思想家食文化研究家。

マクロビオティックの提唱者として有名で、海外ではジョージ・オーサワ(George Osawa)の名で知られている。

引用:桜沢如一 - Wikipedia

 

櫻澤如一さんという日本人っぽい本名がありますが

海外ではジョージ・オーサワとして有名だそうです。

 

この方は、マクロビオティックを海外に広めた方です。

 

マクロビオティックとは

 

マクロビオティック (Macrobiotic) は、第二次世界大戦前後に食文化研究家の桜沢如一が考案した食事法にないし食生活法である。

玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。

引用:マクロビオティック - Wikipedia

 

日本でも有名になってきていますよね。

 

マクロビオティック、通称マクロビとは

ベジタリアン食の一種です。

 

ジョージ・オーサワが日本の食療法をヒントに考案し

その考えが海外でヒットして

日本にも逆輸入されました。

 

特徴としては

①玄米菜食

 

②陰陽調和

この世のあらゆるもの、もちろん食べ物にも陰と陽があり、陰と陽のバランスを保つような食材の食べ方をすること。

 

③身土不二(しんどふじ)

その土地で採れた旬の食材や伝統食を食べること。

 

④一物全体(いちぶつぜんたい)

食材を丸ごと食べること。米は玄米、野菜は皮つきでたべること。

 

などが挙げられます。

 

あのマクロビの創始者だったなんて、、、

全然知りませんでした。

 

旦那は、今はもうマクロビはやっていませんが

彼の書いた本は、いまでも後生大切に持っています。

 

 

こちらも、持っている本はすべて英語版です。

 

ジョージ・オーサワもやはり

海外のその筋の方には有名人なんでしょうね。

 

ちなみに:旦那の聖典

 

 

この辞書の様にぶ厚い本

旦那は「自分の聖書だ!」と言って大切にしています。
 
東洋医学版、家庭の医学といった内容で
病気の症状別に、どの食材を食べればいいのかが細かく書かれています。
 
もちろん梅干しなど
日本の食材についても書かれています。
 
「すごくいい本だから、読みなよ!」
と、いつも勧められるんですが、、、
 
この本なんと、753ページもあります。
しかも全部英語(泣)
 
時間があるときに、、、頑張ります。
 

なぜこんなに日本に関しての知識が偏っているのか

それは旦那がヒッピーで、東洋医学に傾倒しているから。

 

こちらの記事にも書きましたが↓

 

旦那は南アフリカオーストラリア指圧を学び、

更にオーストラリアでは師匠について「Zen Yoga(禅ヨガ)」を勉強して

シドニーで指圧とヨガを組み合わせたクリニックを持っていました。

 

その頃に出会ったマクロビ

かなり長いこと実践してたそうです。

 

とにかく

そういう東洋医学的な考えが大好き。

 

ツボ陰陽説なんかも、ものすごく詳しいです。

 

 

ところで。

 

私はうっすらケツアゴ

そのことを乙女心に結構気にしていたんですが

 

そのことを以前旦那に話したときに

 

ケツアゴは、Kidney(肝臓)に何かが不足している証拠だね。」 と、

 

ケツアゴについて東洋医学的に説明されました。

 

普通に

「そんなことないヨ!ケツアゴな君もすてきだヨ☆」

という答えを期待していた私は

 

そのデリカシーなさすぎな旦那の回答を聞いて

(いろんな意味で)ショックを受けました。

 

まぁとにかく

その辺の知識だけは莫大ってことです。

 

(ちなみにこの場合の「肝臓」とは

「臓器としての肝臓」を指すわけじゃないそうです。

五行説だと思いますが、私はその辺は詳しくないので分かりません;)

 

最後に

最後ちょっと愚痴っぽくなりましたが

笑っていただけると幸いです。

 

えぇ、別にケツアゴも笑っていただいて大丈夫です。

 

旦那の話を聞いて

その辺のコンプレックスは、割とどーでも良くなりました。

 

とにかく、うちの旦那。

なんか、あれっぽいですよね?

 

おばあちゃんの知恵袋。

 

センスが、完全におばあちゃん。

 

私はいつも

おばあちゃんの知恵袋を外国人からいただいております。

 

いつもありがとう、旦那よ。

そして

ケツアゴは、肝臓を良くすると治るってこと??

 

((たぶん違うと思うんだよなぁ、、、。))

 

 

おわり!