読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

【ドイツで結婚!】ドイツでの結婚までの手続きをまとめました【その1】日本での書類集め

今や普通になりつつある国際結婚。

 

テレビでは外国人と結婚して海外に住むようになった日本人妻を特集する番組があるとか、、、ないとか?(←よく知らない)

 

日本では婚姻届を提出すれば結婚できますが

ドイツでは手続きが異なります。

 

私は縁あって去年ドイツ人と結婚したのですが

その手続きのめんどくさ複雑さにかなり混乱させられました。

 

今回はそんなめんどくさ複雑なドイツでの結婚の手続きについてまとめたいと思います。

f:id:akane1033:20160905085621p:plain

 

この記事は「ドイツに住んでいる日本人とドイツ人が、ドイツ国内で結婚する(お互いに初婚)」という場合を前提に書かれています。

 

日本人とドイツ人が日本又は他の国で結婚したり

日本人と他の国の方がドイツで結婚する場合

また再婚の方は以下の記事とは少々手続きが異なるので注意!

 

また、日本人同士がドイツで結婚する場合

普通の日本の婚姻届を日本へ提出するだけなので、以下の手続きは必要ありません。

 

 

全体の流れ

まずはどんな手続きをこなしていけば良いのか、全体の流れをまとめました。

 

  1. 日本で必要書類を入手
  2. 必要書類のアポスティーユを取得
  3. 書類を認証翻訳
  4. (ドイツ人婚約者の必要書類を入手)
  5. 管轄内にあるStandesamt(戸籍役場)で予約を取る
  6. 予約の日にStandesamtへ行き、必要書類を提出
  7. 結婚式当日

  8. 日本へ婚姻報告 

 

もうやることたくさんあります!

これだけでもう目をそむけたくなりますね。

 

この記事では手順の1と2について詳しく説明していきます。

 

その前に、、、

 

結婚手続きの制限時間

ドイツでの結婚の手続きはかなり長いプロセスとなりますが、ゆっくりやることはできません。

 

というのも、集めた必要書類は書類の発行日から6か月以内にStandesamt(戸籍役場)に提出しなければいけないからです。

おのずとこのプロセスは6か月以内に完了させなければならなくなりますので、注意が必要です。

 

今後の予定を逆算して、短期決戦型でいきましょう。

 

①日本で必要書類を入手

まずは日本人であるあなたの必要書類を日本にある各役場から取り寄せます。

 

必要書類の種類

  • 戸籍謄本 原本1通
  • 婚姻要件具備証明書 原本1通

 

※婚姻具備証明書を入手する時と、日本に婚姻届を出すときにも戸籍謄本が必要となるので、戸籍謄本は計3通入手してください!

 

私は念のため戸籍謄本は4通入手しました。

 

戸籍謄本

戸籍謄本は本籍地の役所で取得する必要があります。

身分証明書と、少しばかりのお金を持って行ってくださいね。

 

この際、必ず戸籍謄本(こせきとうほん)を入手してください。

こちらは全部記載全部事項証明とも呼ばれるもので、家族全員分の戸籍情報が載っています。

 

戸籍抄本(こせきしょうほん)というものもありますが、こちらは内容を一部抜粋したもので、1人分の戸籍情報しか載っていません。

 

婚姻要件具備証明書

なにそれ!?聞いたことない!って人がほとんどだと思います。

 

これがねー、口に出して言うとすごくツウっぽく聞こえるんですよね、使う機会はもうないと思いますが。

 

婚姻要件具備証明書(こんいんようけんぐびしょうめいしょ)とは、あなたが日本で独身であることを証明する書類です。独身証明書とも呼ばれます。

 

婚姻具備証明書は地方法務局という所で発行してもらえます。私は即日発行してもらえましたが、場所によっては日数がかかることもあるようです。

 

ドイツ人婚約者の名前や生年月日を記載する欄があるので、ドイツ人婚約者のパスポートのコピーなどを持参すると安心です。(提出する必要はありません。)

 

またその際、ドイツ人婚約者の名前を日本語(カタカナ)で書くことを求められます。

分かりにくい名前の婚約者をお持ちの場合は、事前にカタカナ訳を考えていくことをおすすめします。

 

私の旦那の名前も日本語じゃとても書き表せられない名前だったので、その場で10分ほど悩みました。

 

婚姻具備証明書を入手する際に必要な書類
  • 戸籍謄本 1通
  • 身分証明書(私はパスポートを持っていきました)
  • 印鑑

 

②必要書類のアポスティーユを取得

アポスティーユとは

え、また専門用語出てきちゃった!?

 

こっちもなかなかカッコイイですね。もう何語かさえわかりませんが。

 

アポスティーユとは、簡単に言えば「この書類は公的な書類ですよ」と外務省が証明してくれるものです。

ドイツで結婚する場合には、①で取得した書類(戸籍謄本婚姻具備証明書)にアポスティーユを取得する必要があります。

 

アポスティーユ取得方法

外務省にて取得します。

外務省は東京と大阪にあるようです。

 

郵送でも申請を受け付けてくれるようですが、海外からの郵便による申請は受け付けていないようです。私は東京の窓口まで直接申請に行きました。

 

私が行ったときは事前の予約などは受け付けておらず、受付時間内に直接行って番号カードを引いて、番号が呼ばれるまで待っていました。

 

申請した当日は受け取れず、後日また外務省まで取りに行きます。

郵送でも対応してもらえるようですが、返信用封筒や切手などは自分で事前に用意する必要があります。

 

アポスティーユの郵送について詳細が知りたい方は、外務省のHPを確認してください。

 

アポスティーユ取得のための必要書類
  • 戸籍謄本婚姻具備証明書(どちらも発行日から3か月以内の原本
  • 身分証明書(私はパスポートを持っていきました)
  • 申請書(申請書は外務省のHPからダウンロードするか、窓口でももらえます。)

 

アポスティーユ取得の際の注意点

書類を認証翻訳した後では、アポスティーユは取得できません!アポスティーユは必ず認証翻訳前に取得してください。

 

すでに海外に住んでいる方へ:海外に住んでても日本の書類って申請できるの?

もう海外に住んでいる場合、「書類集めるために日本に行くヒマがない!」という方もいると思います。

 

日本に帰るのも、飛行機代高いですしね。

 

すべての書類を海外に居ながらにして集めるのも不可能ではないのですが、非常にめんど大変です。

 

日本で代理人として書類を集めてくれる方(ほとんどの方は家族に頼むと思いますが)に多大な迷惑をかけるだけでなく

委任状など、手書きの書類を書いて送る作業なども相当な労力を要すことでしょう。

 

ドイツ人と結婚するからには、日本での戸籍の筆頭者になるのはあなたです。

結婚は当人同士の問題でもあるので

現在ドイツに住んでいても本人が日本に行って自分で書類を集めることをおすすめします。

 

 

とてもめんど根気のいる作業になりますが、それも一生に一度の事。(たぶん。)

そこはもう休暇を取って、日本を楽しむついでに書類を集めちゃいましょう。

 

ちなみに私は

すべての書類を日本に行って自分で揃えました。

 

めんど大変だったけど、結果これで良かったと思っています。 

 

次の記事につづきます。 

ドイツでの結婚に向けて日本でできる書類集めは以上です。

 

次回はドイツでの手続きについて書きたいと思います。

 

 

 おわり!

 

 

次の記事はこちらから