ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?めんどくさがり屋インドア女子の奮闘記

【2019年版】タイ・ミャンマー間のビザラン情報まとめ【メーサイ~タチレク】

f:id:akane1033:20190419235831j:plain

日本人が観光目的でタイに行く場合
1ヶ月(30日)はビザなしで滞在することが出来ます。
 
私達は普段3ヶ月の単位でタイに行くのですが
以前までは居住地であるドイツのタイ領事館でビザを取得してから行っていました。
 
しかし!
 
現地で出会う旅行者の話を聞くと
多くの人がビザは取らず「ビザラン」という方法で1ヶ月以上タイに滞在しているんだとか。
 
というわけで
私達も今回はあえてビザを取得せず、ビザランをしてタイでの滞在を延長してみることにしました。
 
今回の記事では
2019年タイ北部メーサイ(Mae Sai)とミャンマーのタチレク(Tachileik)間で実際にビザランをした時の情報 をまとめていきます。
 
※注意!
 
ビザランに関する情報は、タイ国内の政治状況やその他の理由で急に変更になる場合があります。
 
またビザランが出来るかどうかは、イミグレーションの担当者によっても変わってくる可能性があります。
 
この記事には私が旅行者から見聞きしたり、実際に体験した事を書いていますが
ビザランが確実に出来る保証は残念ながらどこにもありません。
 
あしからず。
 

ビザランとは?

上記にも書いた通り
日本人が観光目的でタイに行く場合、入国と同時に30日間の滞在許可が与えられます。
 
「30日間の滞在許可」というのはビザ(査証)ではなく、タイと日本両国の信頼関係の上に成り立っている約束事のようなものです。
 
ビザなしの滞在許可の枠を越え、30日以上観光目的でタイに滞在したい場合
通常であれば期間に応じたビザが必要になります。
 
が。
 
タイでビザなしの30日を過ごした後
1度他の国に出国して再度タイに入国することで、再び「30日間の滞在許可」を受けることができます。
 
「1度タイを出国し再び入国することで、再度ビザのいらない30日の滞在許可を受ける」ことを、通称ビザランと言います。
 

ビザランはいつするのがいいの?

ビザランをする時期としては、ビザなしの滞在が認められている30日以内である必要があります。
 
ビザなしで入国したにも関わらず30日以上タイに滞在してしまうと、不法滞在となり罰則の対象となってしまうので注意。
 

タイに入国した際に、パスポートに押されるスタンプ。
 
上が入国日、下の赤い線を引いたのが30日後の日付この日までにタイを出国する必要があります。
 
タイ入国から30日目にビザランをするとより長くタイに滞在出来ることになりますが
旅行中は何があるか分からないのでビザランをする際は、日付に余裕を持って行ってください。
 
ビザランをするのは、入国してから30日以内であれば基本的にはいつでも大丈夫です。
 
極端な話、タイに入国→30日間の滞在許可をもらう→すぐに出国して再度入国でも30日の滞在許可をもらえます。
 

ビザランは何回まで出来るの?上限回数について

ビザランは基本的にグレーな部分が多く、推奨されるものでもないので
1人につきそう何度も出来るものではありません。
 
私の聞いた話によると
タイの場合、1年に2回まで陸路でのビザランが可能 とのことでした。
 
1ヶ月以上タイに滞在したい観光客は、基本的にはビザの取得が必要ですが
どんな方法であれ観光客がタイに長く滞在してくれればその分お金を落としてくれるので、イミグレも多少のビザランには目をつぶっているのだと考えられます。
 
というわけで
1年につき陸路で2回までの観光目的のビザランであれば、イミグレも何も言わないことがほとんどです。
 
ビザランで問題になると考えられるのは
タイに違法滞在・就労し、税金を払っていない場合。
 
もしくは観光目的であれど就労を疑われる程長くビザなしで長期滞在する場合。
 
いくら2回までビザランOKだとしても
イミグレにて上記のことを疑われると、ビザなしの滞在許可が下りないこともあるようです。
 

ビザランするならミャンマーが安い!

2018年10月からの1年間限定ですが
ミャンマーに行く際の観光ビザが免除になります!
 
どうやら
日本人(と韓国人)を対象にした観光査証免除の施行ということらしいです。
 
実際、今年の2月にビザランのためミャンマーに行ったのですが
日本人である私は無料だったのに対し、ドイツ人である旦那はビザ代として500バーツ(約1,760円)取られてました。
 
ら、ラッキー、、、!
 
ちなみに
ミャンマーもタイ同様、観光目的の30日以内の滞在に限りビザ免除 となります。
 
私達はビザランの為にミャンマーに行ってすぐタイに戻ってきましたが
せっかくなのでビザランついでに30日以内でミャンマー観光を楽しむこともできます。
 
ビザランにお金がかからないというのは、本当にありがたいですね、、、!

↑例えばこれがカンボジアだと
どんなに短い滞在でも、入国の際にビザ代で30USD(約3200円)も取られるので、、、(泣)
 
ミャンマーへの30日間観光ビザ免除の試みは、今のところ2019年9月30日までです。
 
それ以降はまだどうなるか分かりませんが、、、
この試みが上手くいき、日本人に対する観光ビザ免除がこのまま続くといいですね。
 

ビザラン【メーサイ⇄タチレク】の様子

さて、ここからは
私達が実際にタイ北部メーサイ(Mae Sai)からミャンマーのタチレク(Tachileik)にビザランした時の様子を、写真と共にお伝えしていきます。
 

というわけで
やって来ましたメーサイ。
 
写真は、タイ側のイミグレーションの建物です。
 
車やバイク、自転車の場合は建物の真ん中を突っ切って国境を超えますが、、、
 

徒歩でビザランする場合は、左下のこちらの入り口を進みます。
 
私達はこの日、約60km離れたチェンライからバイクでやって来ましたが
バイクはタイ側に停めて、徒歩でミャンマーへと渡りました。
 

タイ出国審査

出国審査を行うイミグレ内のカウンターは撮影禁止だったので写真はありませんが
パスポートを見せてオーバーステイなどしてなければ特に問題なく出国できるはずです。
 
ちなみに
出国の際、タイ入国の際に書いたであろう出入国カードの半券が必要になります。
 
失くしてなければ、パスポートのどこかに挟まってるかホチキスで留めてあるかしてある、、、はず。
 

無事タイでの出国手続きを終えると、パスポートにこのようなスタンプが押されます。
 

f:id:akane1033:20190419231648j:plain

ちなみにですが
例えば90日以上オーバーステイすると、その後1年間はタイに入国禁止になります。
 
プラス罰金もとられる、、、かも。
 
その上ブラックリストに載る可能性さえあるので
オーバーステイは絶対にしないようにしましょう。
 

f:id:akane1033:20190419231756j:plain

また、陸路と言えど国境を越えて違う国に行くことになるので
ビザランの際は持ち込み禁止の品などを持っていかないように気を付けてください。
 
膨大な量のお酒やタバコ、武器などはもちろん持ち込み禁止ですが
1番危ないのは偽物のブランド品、、、かな?
 
タイでもミャンマーでも、至る所で売っているので。
 
あと、トランプなどのカードゲームも2セット以上は持ち出し・持ち込み禁止なので注意。
 

徒歩で国境越え

タイ側での出国審査を終えたら
いざ、国境越え!
 
写真には写っていませんが
歩道には所々に物乞いの人がいました、、、。
 

メーサイとタチレクの間にある国境は、になっています。
 

橋の下には汚い川が流れてます。
 

タイとミャンマーの国境で面白かったのが、通行車線の変更。
 
タイは左側走行なのに対し、ミャンマーは右側走行なので
この国境地帯で車線を変更する必要がある のですが、、、
 
特にサインや注意書きがあるわけではないので
車もバイクも自転車もそれぞれのタイミングで車線変更してて、なんだかカオスでした。
 
道路の通行側を変更しなければいけないのは、歩行者も例外ではありません。
 
タイの出国審査は道路左側、ミャンマーの入国審査は道路右側で行われるので
国境地帯にいる間に道路を渡る必要があります。
 
残念ながら横断歩道などはないので、隙を見てササッと渡っちゃいましょう。
 

というわけで、私達もミャンマー入国審査のある道路右側へ。
 

無事、REPUBLIC OF THE UNION OF MYANMER(ミャンマー連邦共和国)に到着です。
 
門の右側にあるミャンマー入国審査へと進みます。
 

ミャンマー入国審査

ミャンマーでの入国審査も、空港で行うものとほぼ変わりません。
 
が、いかんせん手続きをどこでするのかがよく分からない。
 
私達は係員のいる一室に通されてそこで入国手続きを行いましたが
タイ側のように入国審査のカウンターなるものが特にないので、どこに行けばいいのかはその都度係りの人に確認してください。
 
入国審査を受けないままイミグレを通過すると、ミャンマーに不法入国したことになっちゃうので要注意。
 

無事入国審査を終えてこのようなスタンプがパスポートに押されるまでは、イミグレから出ちゃダメですよ!
 
ちなみに
最低でも2019年9月30日までは、日本人であればここでお金(ビザ代)を払う必要はありません。
 

ミャンマー入国

入国審査を終え無事ミャンマーに入国できたら
そのままミャンマー観光をするもよし。
 
もしくは
道路の反対側へ渡り、すぐにミャンマーを出国してタイに戻るもよし。
 
私達はせっかくなので
国境付近にあった出店を一通りぐるっと見て回りました。
 
ま、特に何も買わなかったし食べなかったんですが、、、
 
国境付近ではタイバーツも使えるので、せっかくだからミャンマーの美味しいものでも食べてくれば良かったかな。
 

ミャンマーからタイに戻る際

ミャンマーを楽しんでタイに戻ってくる際は、先程の行程を逆に進んでいきます。
 
道路右側からミャンマーのイミグレに進み、出国審査
   ↓
国境地帯で道路左側に移動
   ↓
道路左側からタイのイミグレに進み、入国審査。
 

ミャンマーでの出国審査の際には、ちゃんとスタンプを押してもらってくださいね。
 
またタイで入国審査を受ける前に、再び出入国カードを記入する必要があります。
 
用紙は、イミグレ内のその辺に置いてありました。
 

タイ入国審査後、再びこのようなスタンプがパスポートに押されればビザラン完了です。
 
ビザランをしたその日から30日間は再びタイに滞在できます。
 
スタンプの右上に①と手書きで書かれたのは多分、「今年1回目の再入国(ビザラン)」のサインかと思われます。
 
タイのイミグレも馬鹿じゃないので、ビザランのやり過ぎには注意!
 

まとめ

というわけで、今回の記事では
2019年度版・タイとミャンマー間のビザラン情報 をまとめました。
 
旅行中に会う旅人からよく話には聞いていた、ビザラン。
 
実際やってみると、意外と簡単で驚きました。
 
しかもミャンマーへのビザランなら、無料で出来ちゃう。
 
ただし、記事の最初にも書いた通り
ビザランに関する状況は突然変更になることがあります。
 
また
ビザランが出来るかどうかは、イミグレ担当者の個人的な判断で決まる場合もあります。
 
明日には突然ビザランに関するルールが変わっている可能性もあるし
イミグレの担当者によってはダメな場合もあるかもしれません。
 
そもそも、タイでのビザランは2016年の時点で「厳しくなった」という情報も聞きました。
 
結果的に今でもビザランは出来ますが
今の状況がいつまで続くのかは誰にも分からないのが現状 です。
 
、、、ということで
ビザランには若干の要素が絡むこともお忘れなく。
 
運悪くビザランが出来なかった結果不法滞在、、、ということにならないよう
ビザランの予定は余裕を持って立てることをお勧めします。
 
また、滞在中の予定を確実にしたいのであればビザランではなくビザを取った方がいい場合もあります。
 
 
おわり!