ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

【ドイツで結婚!】ドイツでの結婚までの手続きをまとめました【その4】結婚式当日

「結婚したい!」

 

思い立ったが吉日なんていう言葉もありますが

思い立ったところですぐに結婚できないのがここ、ドイツ

 

ドイツ人と結婚するには、長く険しい難関がいくつも待ち受けています。

 

世界中に散らばった必要書類を探す長い旅路

その書類に光を与える賢者たち

そして行く手を阻む恐い顔したドイツ人の役人、、、

 

数々の試練を乗り越えた者のみに与えられる

「結婚」という(または

 

ーーーその旅路の最後に待ち受けるものはーーー

 

ちょっとRPG風にしてみました。

 

そんなわけで

今回は結婚式当日についてまとめました。

f:id:akane1033:20160907235540p:plain

 

この記事は、前回からのつづきになります。

 

前回の記事はこちらから

【その1】日本での書類集め↓

【その2】ドイツで行う手続きについて↓

【その3】結婚の時に決めることいろいろ↓ 


 

全体の流れをおさらい

まず全体の流れをおさらいします。

 

  1. 日本で必要書類を入手
  2. 必要書類のアポスティーユを取得
  3. 書類を認証翻訳
  4. (ドイツ人婚約者の必要書類を入手)
  5. 管轄内にあるStandesamt(戸籍役場)で予約を取る
  6. 予約の日にStandesamtへ行き、必要書類を提出
  7. 結婚式当日

  8. 日本に婚姻を報告 

 

ここが最大の見せ場!

今回は結婚式当日についてまとめます。

 

⑦結婚式当日

ついに、、、ついにこの日が!

 

いや~、おめでとうございます。

ここまで長かったですね、、、

 

遂に結婚式当日が訪れました。

 

この日からあなたとドイツ人は晴れて夫婦

 

この日から、彼氏のこと「」と呼び、彼女のこと「」と呼ぶ生活がスタートします。

「私の彼氏が~」とかもう言えないんです。だってもう彼氏じゃないんだから。

 

最初は照れくさいですが、半年ぐらいしたら慣れます。

 

とにかくここまで来たら後戻りは出来ません。心の準備、できてますか?

 

結婚式当日の流れ

  1. 予約した時間までにStandesamt(戸籍役場)へ行く
  2. 新郎新婦の身分証明書の提示
  3. 証人の身分証身分証明書の提示
  4. 個室に移動してセレモニー(約30分)+希望により指輪交換
  5. 写真撮影、雑談など
  6. 場所を移動して食事会

 

 下の2つは省略可能ですが、する人が多いようです。

 

「段取りとか、、、あるの?」

と、心配する必要はありません。

役所の担当者が、すべてを取り仕切ってくれます。

 

結婚式当日の持ち物

パスポートを忘れずに持って行ってください。

 

ちなみに

証人も身分証明書の提示を求められるので、前日までに連絡を取っておきましょう。

 

もし指輪の交換をしたければ、指輪もお忘れなく。

 

指輪の交換は、省略も可能です。

 

私たちは指輪を作るのが間に合わなかったのでしませんでした。書類集めで手いっぱいで、、、。

 

あとは、心の準備万全の化粧(女性は)ですかね。

参列者がいればもちろんすごい量の写真を撮られますので。

 

結婚式当日の移動

こちらも義務ではありませんが

車にデコレーションをしてクラクションを鳴らしながら会場まで行くのが通例みたいです。

f:id:akane1033:20160907214454p:plain

 

私たちが乗った車はこんな感じで、旦那の叔母さんがデコってくれました。

 

f:id:akane1033:20160907214525j:plain

 

こんな感じのをつけたりします。

よく見ると車内も飾られてますね。

 

私は恥ずかしいし出来れば断りたかったのですが、当日準備を終えて家から出たらこうなってました。

 

クラクションを鳴らしながら行くので、当然通行人にガン見されます。

 

ご希望の程は、当日運転手をしてくれる方と事前に相談した方がいいでしょう。

 

当日の服装

「結婚式っていう位だから、正装した方がいいの?」

と思われる方もいると思いますが、服装は自由です。

 

着たかったら純白のドレスにタキシードでも良し、

めんどくさければジーパンにTシャツでもオッケーです。

 

私はウェディングドレスは披露宴の時に着て、役所での結婚式の時は細身の白いワンピースに、寒かったので黒のジャケット+白いストールを着ました。

旦那は白いスーツ。旦那は披露宴でも同じドレスを着ました。

f:id:akane1033:20160906234826j:plain

 

セレモニー後の写真撮影にて。

 

お花は、旦那の妹が用意してくれました。

写真撮影の時にはシャボン玉なんかも飛ばしてくれました。

 

参列者の方が私たちなんかよりよっぽど用意周到で、とても助かりました。

 

役所での結婚式に参加したことのあるドイツ人は多いと思うので、当日どんなものを用意すれば場が華やぐかは、お相手の家族や友人に聞くと参考になると思います。

 

ちなみに

参列者の服装もそれぞれでした。

オシャレしてきてくれる人もいれば、普段着の人もいました。

 

セレモニーについて

f:id:akane1033:20160907224925p:plain

役所でのセレモニーの様子。

 

手前が新郎新婦

奥に役所の職員が居て、両側に証人が座ります。

 

写真には写っていませんが、新郎新婦の後ろに参列者が座るスペースがあります。

 

 

新郎新婦がセレモニーですることといえばただ1つ

 

「Ja(ヤー)」と言う事。

 

Ja(ヤー)は日本語で「はい」という意味です。英語だと「Yes」。

 

役所の職員が

「あなたはこの方を夫(妻)として認めますか?」

というような質問をしてくるので

 

それに「Ja(ヤー)」と答える。

 

以上です。

 

指輪の交換をする場合はもちろん途中で組み込まれますが、

セレモニーは、この1言のためだけにあるといっても過言ではありません。

 

セレモニーはもちろんすべてドイツ語で行われるので

もし必要であれば、通訳を雇うのもいいでしょう。

 

役所の職員について

ここからは体験に基づくグチです。

手続きには関係ないので興味のない方は読み流してください。

 

 

私たちのことを結婚式の当日に担当してくれた方は

その前に書類を提出に行った際に担当してくれたのと同じ人でした。

 

女性の方で、ベテランの方のようだったんですが

 

1回目(書類を提出しに行った日)のその人のご機嫌

 

え、もしかして昨日フラれた?

っていう位のご機嫌斜めっぷり

 

朝一番(8時半)に予約を取って行ったので、時間のせいもあったのかもしれませんが

それにしてもびっくりしました。

 

だってね、一応私たち結婚するためにここに来てるわけですよ。

結婚って、一応おめでたい事じゃないですか?

 

結婚というおめでたいプロセスを扱う仕事をしていることを是非とも自覚していただきたかったんですが

 

とにかくぞんざいに扱われて、すごく不愉快な思いをしました。

 

もしかしたら、私が外国人だったからなのかもしれませんが。それにしても不愉快でした。

 

それで結婚式当日に役場に行ってみたら、担当が同じ人だった。

 

「またこの人か、、、」と心底がっかりしたんですが

その日の彼女の機嫌たるや

 

え、昨日彼氏できた?

って位の上機嫌で。

 

なんなら彼女の周りにちょっとバラとか咲いてました。私たち以上に咲いてました。

 

彼女のハリキリっぷりときたら目を見張るものがあって

 

私たちのセレモニーは約30分ぐらいでしたが、

その30分間ずーっと彼女の独壇場でした。

ずっと彼女のターン。

もう30分間ずーっと喋ってました。

 

結婚後の夫婦のあり方とか、そんなようなありがたい事について熱弁をふるっていました。

 

最初こそ頑張って聞いてたんですが、途中から意識飛びそうでした。

 

もうとにかく長い。

 

私たちが主役なのか、彼女が主役なのか途中でよく分かんなくなりました。

  

まあ結果オーライだったんですが

担当職員の変更とか、もしかしたら出来るんじゃないかと思います。

 

一生に(たぶん)一回のことだし、役場での結婚式における職員の存在感はとても大きいです。

 

結婚式の後の食事会について

 これは上にも書きましたが、やらなくても大丈夫です。

 

ただせっかくのおめでたい日なので、余力がある方は準備しましょう。

 

私たちは近くの小さなカフェを貸切って、参列してくれた方を呼んで昼食会をしました。(結婚式が午前中だった為。)

 

次の記事に続きます。

「まだあるのかよ、、、」とお思いかもしれませんが

 

次で終わりです。最終回。

 

次の記事では日本への結婚報告についてまとめたいと思います。

 

 

 

おわり!

 

 

次の記事はこちらから

【その5】日本への結婚の報告↓