読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

【タイ】ヒッピーカルチャーにショックを受けた話

私の旦那はヒッピーです。

 

私は普通の日本人なので違いますが

旦那と一緒にいるとヒッピーの集まりのようなものに参加する機会がたまにあります。

 

今回はそんな集まりで私が経験したカルチャーショックについて書こうと思います。

f:id:akane1033:20160919201350p:plain

 

新婚旅行でタイに行った

去年の冬に2か月間タイ新婚旅行に行きました。

 

新婚旅行というのはまあ旅行に行く口実

ただタイに行ってみたかっただけです。

 

ヒッピーの街Pai

タイの北部にPai(パーイ)という街があるのをご存じでしょうか。

f:id:akane1033:20160919025541p:plain

 

タイ第2の大都市チェンマイから山道バスで3時間。

 

その山道が本当に過酷で。

 

まずカーブ多すぎ。

で、バスの運転手のおっちゃん運転荒すぎ。

 

バスの中でリバースが大量発生する中

到着するのがここ、Pai

 

ここはヒッピーの街。

 

ほぼみんな観光客なんですが

右を向いても左を向いてもみんなヒッピー。

 

どこにそんなに隠れてたの?って位ヒッピー率高め。

 

Paiに長期滞在する若者は多い

なぜそんなに多いかというと

 

美しい自然

ナチュラル志向なお店

食事もベジタリアン向けのものが多く

そして仲間がたくさんいる。

 

f:id:akane1033:20160919194507j:plain

風景

 

f:id:akane1033:20160919194545j:plain

キャンプした所。

 

ヒッピーにとって居心地のいい街であるがゆえ

ここに長期滞在する人は多いようです。

 

長期滞在にはお金が必要

いくら物価が安い国・タイといえど

長期滞在するにはお金が必要です。

 

ここではヒッピー達によるビジネスが横行しています。

 

ヨガをはじめ

ベジタリアン・フードのお店

スピリチュアルなんたら。

 

旦那のようなストリートミュージシャンもたくさんいました。

(旦那はタイでは演奏しませんでしたが。)

 

オープンマイク・ナイトで出会ったロシア人美女

Paiにあるカフェでは

毎週金曜日にオープンマイク・ナイトがありました。

 

オープンマイク・ナイトとは

店の中のステージで、演奏したい人が勝手に演奏していくというイベントです。

 

なんかイケイケな感じですが

そのカフェでは酒類の販売はしていないので

お茶かなんかを飲みながら音楽を楽しむ夜、って感じでした。

 

そこで出会ったロシア人美女

彼女もPai長期滞在組であり

チャクラ式マッサージ(仮称)の講師でした。

※正式名称を書くと大人の事情でアウトなようなので

この記事では仮称を使わせていただきます。あしからず、、、

 

彼女主催の集まりに誘われる

数日後、そのロシア人美女

「チャクラ式マッサージ(仮称)の集まりをやるから来ない?」

と旦那と共に誘われました。

 

断っておきたいんですが

私はその時チャクラ式マッサージ(仮称)意味が分かっていませんでした。

 

今この記事を書くにあたりググってみたら

危うくおかしなサイトに辿り着きそうになりました。

 

こえーこえー。

 

ってゆーか私は一体何に誘われたのか??

 

まあこの誘いを受けた時に

旦那もちょっとニヤニヤしてたんですよねー。

 

その時に気が付けばよかったんですけど。

 

もしタイムスリップ出来るなら

その時の自分に言ってあげたい。

 

「その集まり、行かない方がいいよ」と。

 

まあそんな事は少しも知らない当時の私は

とりあえず旦那に

「そのチャクラ式マッサージって何よ?」

と聞きました。

 

そしたら

「よく知らないけど、男女ペアでやるらしいよー

とか言われました。

 

もうフワッとしてるんですよね、回答が。

 

で、私も何かはよく分かんないけど

スウェーデン式マッサージの勉強をしていたこともあって

 

「じゃあ行ってみるかー、ヒマだし」

 

って事になりました。

 

迎えた当日

会場となったのは、当時ロシア人美女が居候していた

タイに住んでいるアメリカ人ヒッピーの家の庭。

 

時間に律儀な日本人ドイツ人である私たちは、なんと一番のりでした。

って言っても言われた時間より5分ぐらい遅れて行ったんですが、、、

 

で、その日のロシア人美女ときたら

またものすごく可憐なわけですよ。

 

流れるようなロングのワンピースに

涼しげな胸元。

 

なんか胸のところにね、

私にないもの付いてた。

 

とにかく

芝生の上に降り立った天使かと思う位ステキでした。

そんなわがままボディの天使がいれば、の話ですが。

 

あたりを流れるのはお香のような香り。

そして瞑想系音楽。

 

まあ、スピリチュアルな感じでした。

 

集まったのは全部で10人ほど

みんな驚く程ヒッピーでした。

 

私、もしかして浮いてる、、、?

 

年齢は様々で、老若男女いました。

 

チャクラ式マッサージ、、、?

これはもう言っちゃおう。

うん、言います。

 

もうね、ものすごく驚いたんですが

 

私たちが来てたこの集まり

なんとマッサージの集まりじゃなかった。

 

え?

名前に内容が伴ってないんですがどーゆーこと?

 

ってゆーか

今日のコレは何の集まり??

 

始まった今日の集会

というわけで始まった今日の集会。

趣旨は分からないままです。

 

とりあえず最初はみんなで輪になって座って

いまの悩み今日この場で得たい事をみんなに話す、という儀式?宣言?をしました。

 

えぇーっと。

 

そんなこと言われましても

 

今日って何するために集まったんでしたっけ?

 

まずそっから分かんない事にはさー、

今日この集まりで得たい事とかさー、話せないでしょ?

 

でも、全然そうゆうの聞ける雰囲気じゃないんですよ。

 

とりあえず

みんなの感じに合わせて私もフワッと話しました。

 

「えーっとあかねと言いまーす。

去年結婚しまして、えーっと、これからの人生をどうするかー?みたいな事について悩んでいます。

今日は、えーっと、みなさんと一緒に楽しみたいです!」

 

みたいな当たり障りのないことを言ったんじゃないかと思います

 

男女のペアになる

私はもう得体のしれないカラフルな人たちが恐ろしくて

 

もはや片時も旦那の傍を離れなかったので

(とゆうか旦那の後ろにずっと隠れてたので)

ここは旦那とペアを組んで難なくクリア。

 

見つめあって、呼吸を合わせる

ペアが決まったらまずは向かい合って立って

見つめあいながら呼吸を合わせる、ということをやりました。

 

ロシア人美女の講師が何度も口酸っぱくして言っていたんですが

どうやらこの儀式?イベント?は全部口呼吸でやらなければいけないらしい。

 

これがまた結構つらくて。

 

口の中カラッカラになりました。

 

お互いのにおいを嗅ぐ

はい、アウトー!

はいダメ!もうムリ!

ってゆーか意味わかんねー!

 

この時点で私は1回目の逃亡を図っていました。

 

「あ、ちょっと散歩行ってきまーす」

みたいなテイで。

 

旦那になだめすかされながら連れ戻されましたが。

 

旦那もさ、もーちょっと笑っちゃってるんですよ。

ちょっと方向性間違ってない?みたいな。

 

でもなんか

私たち以外の人はもう結構真剣にやってるんですよ。

 

このタイの青空(気温30℃)の下で。

 

いやね、別にカップルとかはさ

そうゆうのやらない訳ではないですよ?

 

でもさ、そうゆうのってみんな大体家で済ませてくるのね。

 

このね、この蒸し暑い国・タイの屋外ではね

やらないと思うの、そういう事。

 

しかもさ、まだ付き合ってるなら別にいいけどさ

あなたたち、赤の他人でしょ?

  

私たちともう1組は本当のカップルでしたが

その他の人たちは赤の他人同士で真剣にお互いのにおいを嗅ぎあっているわけです。

 

おかしいでしょ?

 

しかもさ

みんな見るからにヒッピー in 30℃の屋外

 

もう考えただけであれでしょ?

 

におうでしょ?

 

もーなんていうか

見るに堪えかねる光景が、そこには広がっていました。

 

お互いをさわる

これはね、もちろん変なところではなく

とかとかを、です。

 

これもちょっと何してんの?って感じですけど

まあ、さっきのよりは普通。だいぶマシ。

 

なんならちょっとマッサージに近づいてきた?

なんて思ってホッとしてたんですが

 

次にとんでもない爆弾が控えていました。

 

お互いをなめる

いやーーーーー!

マジ何言ってんの!?

 

もう颯爽とね、

本日2度目の逃亡を図りました。

 

もう言い訳とかも思いつかず

無言で出ていこうとしました。

 

旦那に爆笑されながら連れ戻されました。

 

いやいや笑えないっつーの。

 

これはね、ホントマジでない。

いやーーームリでしょーーー。

ちょっと異常すぎ。

 

もう見たくさえなくて

ずっと目を背けていたので

本当に赤の他人(in 30℃)をなめたのかどうかは知りません。

 

ヒッピー、こわすぎ。

 

ペアワーク終了

ああ、やっと終わった、、、

 

ダンス

と思ったら、突然ダンスが始まりました。

 

頭と手足をブラブラさせながら音楽に合わせて揺れるという、ダンス。

 

緊張をほぐす的な意味合いがあったようですが

どっからどう見てもアブラハムの子の童謡の様になってました。

 

「♬アブラハームにーはー7人の子ー

1人はノッポであとはチビー♬」

 

ってやつです。知ってますか?

 

6人組で何かをする

このあたりから講師のロシア人美女何かを諦めたようで

彼女が予定していなかったプログラムが入ってきました。

 

1人が地面に仰向けに寝て

他の5人がそれぞれ寝ている人の

頭・右腕・左腕・右足・左足

を持って10分ほど左右に動かす

 

というのをやりました。

 

この頃にはもうとにかく早く帰りたかったんですが

一応やるにはやりました。

この意味の分からないムーブメントを。

 

もうこれが何に効くのかさえ、さっぱり分からない。

 

ただこれが終われば帰れるという事だけを楽しみにやりました。

 

ところで

人の腕とか足って、結構重いんですね。

 

デカいヨーロッパ人(ヒッピー)の手足を持って10分間ブラブラさせ続けるのは結構辛かったです。

 

で、その10分が終わった後に

全員(5人)が寝ている人におでこを付けて、黙想。

 

もうね、あれね、スピリチュアル。

ええ、やりました。

そしてやられました。

 

仰向けで寝ている私を囲み、捧げられる黙想。

だったけ?とか思いましたよね、途中。

 

とにかく

意味わかんないよぉぉぉ

 

戦いは終わった

野外だし、暑いし、もうちょっとグダグダだしで

以上をもってこの会はお開きになりました。

 

やっと終わった、、、

 

最後に今日の講義?に対するお布施をやんわりと求められたので

心ばかりのお金を払ってやっと解放されました。

 

結局チャクラ式マッサージ(仮称)とは何だったのか

それね、私にもよく分かんない。

 

どうやら五感を使って、男女のチャクラを交換し合うものらしいですが

もーホント、全体的に意味が分からなかったです。

 

ヒッピーの大好物であるスピリチュアル的なものらしいですが

ヒッピーでもない、スピリチュアルのスの字も知らない私にとっては

ただの苦行でしかありませんでした。

 

講師のロシア人美女

「伝わんなかったか、、、」って顔してた。最後。

 

うん、全然伝わんなかった。

 

とにかく、こんな体験 

私はもうこりごりです。

 

 

おわり!