読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

最愛の人を亡くしたおばあちゃんのその後の生き方が素敵すぎる

私のおばあちゃんの話ではありませんが。

 

最近、旦那の友人E(ドイツ人)のおばあちゃんの話を聞きました。

 

その話がとても印象的だったので、紹介したいと思います。

f:id:akane1033:20170502210939p:plain

60歳で最愛のパートナーを亡くしたおばあちゃん

旦那の友人Eのおばあちゃんは

60歳の時に、長年連れ添った旦那様に先立たれてしまいました。

 

おばあちゃんはそのことが悲しくて悲しくて

「自分も死んでしまいたい」と周囲にこぼしていたそうです。

 

悲しみに暮れ、塞ぎ込み、家に閉じこもりがちになったおばあちゃんは

日に日に痩せて行ったそうです。

 

悲しみに暮れるおばあちゃんに、孫たちが旅行をプレゼント

そんな彼女を見かねて

友人Eを含む孫たちは、おばあちゃんに「旅行」をプレゼントしました。

(場所はどこだか忘れましたが、、、ヨーロッパ内のどこか暖かい所だったと思います。)

 

おばあちゃんはこれまであまり旅行をしたことがなかったそうですが

「新しいものを見て、新しい人と出会い、少しでもおばあちゃんの気持ちが晴れれば」

と、孫たちは考えたそうです。

 

旅行から帰ってきたおばあちゃんの変化

孫たちからプレゼントされた旅行から帰ってきたおばあちゃん。

 

その顔は、キラキラと輝いていたそうです。

 

「今まで60年生きてきたけど、旅行がこんなに楽しいなんて知らなかった。」

と、おばあちゃん。

 

旦那様が亡くなってからは塞ぎ込み、ろくに外出もしなかったおばあちゃんですが

孫からもらったその旅行以来、暇さえあれば旅行に出っぱなしになったそうです。

 

現在98歳。人生を謳歌する友人Eのおばあちゃん

そんなアクティブな友人Eのおばあちゃんですが、今年で御年98歳。

 

さすがに以前ほど頻繁に旅行はしなくなったそうですが

それでも

身の回りのことはまだまだ自力で出来るし

自分だけで買い物にも行けるし

自分で車を運転して(!)頻繁に友達に会いに行ったり

人生を謳歌しているようです。

 

そしておばあちゃんは、孫たちに常々

「(旅行行くのにお金使ったから)遺産全然残ってないからね!

と言っているそうです(笑)

 

友人Eをはじめ、孫たちはそんなおばあちゃんが大好きなんだとか。

 

とても素敵な話だと思った

この話を友人Eから聞いた時

なんだかすごく感動して、心がほっこりしました。

 

そして同時に

旦那のおばあちゃんの事が頭に浮かびました。

 

旦那のおばあちゃん

旦那のおばあちゃんは、御年94歳。

 

彼女のパートナーは、旦那が生まれる少し前に亡くなりました。

 

40年以上、未亡人としての生活を送っている旦那のおばあちゃんですが

普段は旦那の両親の家に住んでいます。

 

人生が楽しくなさそうな、旦那のおばあちゃん

最近、旦那のおばあちゃんがすることと言えば

1日中テレビの前に座ってテレビを観ること。

耳が悪いので、耳には大きなヘッドフォンを付けて。

 

頻繁に会いに行く友達はいませんが、彼女の事を気に掛ける家族はいます。

 

ただ、、、

 

口を開けば

「あそこが痛い、ここが痛い。」

と体の不調の話ばかり。

 

家族が周りにいると

それまではそんなことなかったのにゼェゼェハァハァと辛そうな息を漏らす。(かまってちゃん?)

 

目が悪いので料理を作ることはもう出来ないのですが

誰か違う人が料理を作れば、言われるのは文句ばかり。

 

体の調子の事もあるだろうし、元々の性格もあるのだとは思いますが

それでも、いつも卑屈っぽい文句ばかり周りの人もイライラ。

 

それに

おばあちゃん自身が人生をまったく楽しんでいないように見えます。

 

生かされている人生を楽しまないのはどうなのか

少し話が脱線しますが。

 

旦那のおばさんは比較的裕福で、おばあちゃん(おばさんにとってはお母さんですが)の為に様々なものを提供しています。

 

生活に必要な様々な物をはじめ

特に医療関係には多額のお金を払っているんだとか。

6週間に1回は、全身の血を総入れ替えするような高額な治療も行っているようです。

 

このような高度な医療の助けがなければ、旦那のおばあちゃんはもう生きていないでしょう。

 

おばあちゃんは、医療によって生かされている。

 

旦那のおばさんが、実の母に長生きしてもらいたい気持ちは痛いほど分かります。

 

ただ

毎日おばあちゃんがすることと言えば

1日中テレビの前に座ること。

 

体の具合が悪くてそうしているのが一番楽なのかもしれませんが。

 

それにしても

自分の体の不調を嘆いたり、不満をこぼすだけでなく

もう少し家族との団欒を大切にしたり、生きている自分の命に感謝してくれたら、周りの人もおばあちゃんも救われるのではないかと、見ていていつも思います。

 

まとめ:人生をどう生きるかは人それぞれ

今回は

旦那の友人Eのおばあちゃんの話と、旦那のおばあちゃんについて書きました。

 

もちろん人の人生は人それぞれなので、他人である私がとやかく言う問題ではないと思います。 

 

ただ

友人Eのおばあちゃんの人生を楽しむ生き方が、やっぱり素敵だと思いました。

 

 

おわり!