読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

ニュージーランド南島から北島に戻ってきました

オセアニア旅行記

3月末までの3ヵ月間、ニュージランドに滞在しています。

 

3月1日から、ニュージーランドの南島に行っていました。

f:id:akane1033:20170324095435p:plain

 

 

 

3日前にまた北島に戻ってきたんですが

今回は、南島での生活近況報告について書こうと思います。 

続きを読む

FKKは風俗(だけ)じゃない!ドイツ在住者が見た、本当のFKK

ドイツ 雑記

以前、こんな記事を書きました。

 

ドイツがトランプ大統領に宛てた(という設定の)ビデオです。

 

このビデオの中にFKKという単語が出てくるんですが

そのFKKについて、ブックマークのコメント欄でこんなコメントをいただきました。

 

FKKってドイツ独特の風俗。詳しくは「FKK ドイツ」でググりなはれσ(^_^;)

 

「え!?」ってなりました。

 

早速「FKK ドイツ」で調べると

出るわ出るわ、イカガワシイ情報が、、、、、!

 

私はその時、なぜか少し悲しくなりました。

「ドイツのFKKが、多くの日本人に誤解されている、、、!と。

 

いや、もちろん私が知らないだけで

そんな名前の風俗も、ドイツにはあるのかもしれませんが。

 

FKKの本来の意味は、全然違います。

 

そんな訳で今回は

ドイツ在住6年目の私が見た、ドイツのFKK本来の意味について書こうと思います。

f:id:akane1033:20170312085825p:plain

続きを読む

ニュージーランドでヒッチハイクしたけど、もうやりたくないと思った話

オセアニア旅行記 雑記

12月末から3月末まで、ニュージーランドに滞在しています。

 

2月までは北島にある首都ウェリントンの近郊に居たんですが

3月に入り、友達に会うために南島タカカという街に移動しました。

f:id:akane1033:20170306064113p:plain

 

地図上ではあまり移動していないように見えますが

船の移動+350kmほどの距離があります。

f:id:akane1033:20170306064604p:plain

 

車を持たない私たちは

南島でフェリーを降りてからはヒッチハイクで移動したんですが

今回は、その時のヒッチハイクの経験を書きたいと思います。

続きを読む

ニュージーランド南島にあるタカカという街に来ました

オセアニア旅行記

12月末から3月末まで、ニュージーランドに滞在しています。

 

2月までは(途中オーストラリアに2週間行ったのを除き)ずっと北島に居たんですが

NZ滞在も残り1ヵ月を切った、去る3月1日

旦那の友達に会いに南島へやってきました。

f:id:akane1033:20170306064113p:plain

 

南島に移動したり、遊んだりしていたらすっかりブログの更新が滞ってしまったので

今回は、ちょっとした現状報告を書こうと思います。

続きを読む

オーストラリアの森での暮らしが、インドア派にはなかなかワイルドだった件その2

オセアニア旅行記

前回の記事では

オーストラリアの森でのワイルド暮らしについて書きました。↓

 

今回も

オーストラリアの森のワイルド暮らしとの闘いについて書こうと思います。

f:id:akane1033:20170224165017p:plain

※写真はイメージです。

続きを読む

オーストラリアの森での暮らしが、インドア派にはなかなかワイルドだった件その1

オセアニア旅行記

2週間、オーストラリアに行ってきました。

 

オーストラリアに行くことになった経緯は、こちらの記事から↓

 

旦那の親友Bを訪ね

彼が住む森の中で、2週間のほとんどを過ごしました。

 

この森の中での生活が、都会慣れした私にはかなりワイルドに思われたので

今回は、その時の生活環境などについて書いてみたいと思います。

f:id:akane1033:20170224165017p:plain

※写真はイメージです

続きを読む

【アヒルの子成長日記③】アヒルの子に起こった悲劇の原因と、アヒルの子を観察しながら思ったこと

雑記 オセアニア旅行記

NZの友達の家に滞在している間、アヒルの子と一緒に暮らしました。

 

①アヒルの子成長日記(かわいいver.)↓

 

②アヒルの子成長日記(かなしいver.)↓

 

今回の記事は、前回の記事の続きになります。

 

アヒルの子に悲劇が続けて起こってしまった原因と、アヒルの子たちを観察しながら思ったことについて書きたいと思います。

続きを読む