ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

ドイツ在住6年、29歳。2015年に8年付き合ったドイツ人スリートミュージシャンと結婚しました。ヒッピーな旦那のライフスタイルについていくため、日々奮闘中。2017年4月、ハンブルクからハルツ山地というドイツの田舎に引っ越しました。

ドイツの山の上はもう銀世界だー!

ドイツ中部にあるハルツ山地という山に住んでいます。

 

住んでいる所は標高200mほどで雪も何もまだ降ってないんですが

山の上はすでに雪が降って積もっていてキレイだったので、写真と共に紹介します。

 

ドイツ・ハルツ山地

f:id:akane1033:20171114185110j:plain

ドイツ中部にあるハルツ山地は、ここにあります。

 

ハルツ山地の最高峰はブロッケン山で、標高1142m。

北ドイツで一番高い山であり、「魔女の住む山」としても知られます。

 

山の上までドライブ

住んでいる街(標高200m)を車で出発。

 

f:id:akane1033:20171114194009j:plain

その日は雪は降っていませんでしたが

山を登るごとに、だんだんと雪が多くなっていきました。 

 

そして数分後には、、、

f:id:akane1033:20171114192647j:plain

銀世界!!

 

ここは標高800m位の場所ですが

もうすっかり雪に覆われていました。

 

恐怖のドライブ

「きれいだね~♡」

なんつって景色を楽しんでいたんですが、ここで旦那が一言。

 

『あ、そういえば。

後ろのタイヤ、夏用タイヤだわ。』

 

えっっっっっ!?

 

ちょっそういうの、早めに気づこうよ(泣)

 

『でも、夏タイヤで雪の上走った経験たくさんあるから大丈夫!

アラスカでも、ニュージランドでも、南アフリカの山の上でも、、、(以下略)』

 

、、、そんな武勇伝、逆に怖いわ(汗)

 

道路に雪はなかったとはいえさすがに怖いので

車を停めて、その辺を散歩してみることに。

 

雪道を散歩

f:id:akane1033:20171114192659j:plain

もうね、めっちゃ綺麗でした。

 

f:id:akane1033:20171114192713j:plain

とにかく、白い。(そして寒い。)

 

f:id:akane1033:20171114192731j:plain

 雪の彫刻。

 

f:id:akane1033:20171114192748j:plain

雪の重さで、枝がしなってます。

 

f:id:akane1033:20171114192800j:plain

この辺の木は、1種類の木を植林しすぎてしまったことにより虫がついて死んでしまった木なんですが

これはこれで、なんだか味がある。 

 

f:id:akane1033:20171114193013j:plain

小さな木の上が、ナチュラルにになってます。

 

まさに天然のクリスマスツリー。

 

f:id:akane1033:20171114192817j:plain

もうね、めっちゃファンタジーワールド。

どこのナルニア国にいるのかと思った。

 

雪だるまづくり

途中、旦那が「スノーマン作るっ!」っつってはしゃいじゃって。

f:id:akane1033:20171114193805j:plain

41歳のおじさん、はしゃぐ。 

 

手袋を忘れたため、素手で雪玉転がしてます。

 

「しもやけになるから止めなよ!」

って言いたかったんですが、しもやけの英語(またはドイツ語)が分からず断念。

 

「冷えすぎて手痒くなるよ!」

って言ってみたんですが、「なんで?」って逆に聞き返されてしまった。

 

いや、なんでって言われても、、、。

海外に「しもやけ」って、ないのか?

(調べたら、普通にありました。

しもやけは英語でChilblains、ドイツ語でFrostbeuleと言うそうです。)

 

f:id:akane1033:20171114193821j:plain

そんなこんなで完成間近。顔作ってます。

 

見て分かる通り、かなりデカいです。

身長180cmに近い旦那と同じ位。

 

「スノーマンは普通2段か3段じゃない?」

って言ったら

『4段、いや5段はないとスノーマンとは言えない!』

って言われたんですが

 

そんなに雪玉積み重ねたら

スノーマンと言うより何かしらの虫みたくなるんじゃ、、、?

 

f:id:akane1033:20171114193838j:plain

で、完成。

 

あれ?

なんか私の知ってるスノーマンじゃない、、、。

 

f:id:akane1033:20171114193122j:plain

一応、記念撮影。

なにわろてんねん。 

 

f:id:akane1033:20171114193216j:plain

細部までこだわったようですが(鼻とか)

近くで見ると、ちょっとしたホラー。 

 

このホラーマンスノーマンが見つめる先は、、、

f:id:akane1033:20171114193236j:plain

こんな素敵な森。

 

リフトとかもあったのでスキー場として使われているようですが

スキーするにはまだ雪が足りないようです。

 

ゲレンデ

f:id:akane1033:20171114193258j:plain

所変わって、こちらも近くにあるスキー場。 

 

ゲレンデマジックが起きそうな、そんな予感。

 

、、、ただイケメンどころか、人誰も居ませんでした。

マジック起きようがねぇー。

 

f:id:akane1033:20171114193315j:plain

せっかくなので、頂上まで登ってみました。絶景!

 

雪が結構深くて(20cmくらい)、登るの結構大変だった。

 

ここからはハルツ山地の最高峰ブロッケン山が見えるはずなんですが

残念ながら雲に隠れていて見えませんでした。

 

『いやでも!そのうち雲が晴れて見えるはずだから!5分だけ待ってみよう!』

という旦那に付き合うこと約1時間。

 

あやうくつま先がしもやける所でした。

なげーよ。

 

確かに、ブロッケンが見えたらめっちゃフォトジェニックだけれども。

 

雪ふぁっさー

f:id:akane1033:20171114193443j:plain

せっかくなので

最後に木から雪がふぁっさーって落ちる写真を撮ってみました。 

 

写真右側にご注目。

f:id:akane1033:20171114193458j:plain

ふぁっさー。

 

まとめ

山の上で見た雪にテンション上がって写真をたくさん撮ったので、まとめました。

 

本当に、すっごく綺麗でした。

ファンタジーワールドの住人になったような気分になれるので、オススメです。

 

ただ、ブロッケン山が見えなかったのが残念、、、。

 

ブロッケン山はこの辺で1番高い山なので

雲がひっかかっちゃってなかなか晴れないんですよね。(年間降雪日はなんと約120日。)

 

ブロッケン山は夏にも1度登ったんですが

今はきっと雪に覆われてるんだろうなぁ、、、。

 

さすがに徒歩じゃ登る気しないけど

登山電車でファンタジーワールドを眺めながら登って行くのは悪くないなと思いました。

 

ちなみに

旦那は今日も雪山に出かけていきました。

クロスカントリーしに行ったらしいです。

 

車はまだ夏用タイヤのままで。

 

マジで勘弁してくれ、、、!

 

おわり!