読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

ネイティブの講師とマンツーマンで話せるオンライン英会話の値段を比較してみた

私は以前、NOVAでアルバイトをしていたことがあります。

 

 

NOVAと言っても、今現在展開されているNOVAではなく

一度潰れた方のNOVAです。

 

もう9年も前の話になるんですね、、、。

覚えている方はいるんでしょうか。

 

2007年の秋

当時のNOVAが倒産したその時にもバイトしてたんですが、、、

 

当時は毎日クレーム電話の嵐

給料が3か月分振り込まれなかったり

給料が振り込まれなくなるやいなや仕事に来なくなる外国人講師(←当たり前なんですが、、、)やその後処理などで

バイトと言えどテンテコマイな日々を送っていました。

 

当時英会話学校最大手だったNOVAが倒産したことを教訓に

今では英会話学校もかなりの変化を遂げていることだと思います。

 

そんな中

いまでは「オンライン英会話」という言葉をよく耳にします。

 

今回は、そんな「オンライン英会話」について

ネイティブ講師とマンツーマンという条件に絞って比較してみました。

f:id:akane1033:20161203004926p:plain

 

 

オンライン英会話とは?

スカイプなど、インターネット回線を使って英会話のレッスンを受けられるサービスです。

 

オンライン英会話のメリット

①どこでも受けられる

ネット回線がある場所ならどこでもレッスンが受けられます。

 

家でのんびりしながら受けるのもよし、

出先で少し時間が空いた時にレッスンを受けるもよし。

 

今ではパソコンだけでなくスマホでもスカイプは使えるので

本当に、どこにいても英会話が出来ます。

 

つまり

「忙しくて英会話学校に通う時間がない!」

という言い訳は、もう使えなくなります(泣)

 

なんせ、レッスン時間のギリギリまで寝ていられるんですから、、、!

 

②いつでも受けられる 

英会話学校という場所がないので

受講者である私たちが時間通りに教室に行かなくてもいいのと同様、

講師である外国人も、日本のどこかにある教室にいる必要がありません。

 

海外にいる講師ともレッスンが受けられるので

教室のある英会話学校ではあり得ない時間帯にも、レッスンを受けることが出来ます。

 

これには

夜型人間や、めちゃくちゃ早起きなおじいちゃん・おばあちゃん大歓喜。

 

外国人講師も、母国に居ながらでもスカイプ上で出勤できるわけですから

オンライン英会話学校としても講師を確保しやすいですね。

 

特にマンツーマンの英会話レッスンでは

「受けたい時間にレッスンをしてくれる講師がいない」

という事態は起こりやすいですが

 

どこにいてもアクセスできるネットという環境なら

場所の限定される英会話教室よりは講師数も多く、

その分受講者が好きな時間にレッスンを受けられる可能性が広がります。 

 

③安い

教室のある英会話学校の場合

 

場所代をはじめ

講師を海外から連れてくるための費用や、彼らの生活費の補助

また講師やスタッフの交通費など

多くの費用がかかります

 

オンライン英会話の場合

上記の費用がかからないので

レッスン料を安く抑えることが可能です。 

 

英会話教室に通うための通学費用がかからないのも魅力ですね。

 

オンライン英会話を選ぶにあたり

オンライン英会話を選ぶにあたり

気になるのがやはり値段と質。

 

値段については後ほど比較を行うので

まずは「オンライン英会話の質」について考えてみたいと思います。

 

オンライン英会話の質は、講師の質

オンライン英会話の良し悪しを決める上で

重要なのは「講師の質」だと思います。

 

やはりネイティブの講師をおすすめしたい

オンライン英会話は、教室のある英会話学校よりは安いですが

実は、その中でももっと安いオンライン英会話というのもあります。

 

「1レッスン1○○円から!」

 

という広告を見かけたりしますが

 

な ぜ そ ん な に 安 い の か。

 

「人件費どうなってんの!?」

と思ってしまうんですが

 

そう、人件費。

 

激安オンライン英会話では

フィリピンなど、人件費の安い国の講師を雇っている場合が多いです。

 

もちろん、フィリピン人の英語講師が悪いと言っている訳ではありません。

 

レッスン料が安いのは、受講生からしたら助かるし、

私自身いろいろなアクセントの英語を学ぶのは大切だと思います。

 

が、

 

考えてみてください。

 

もしあなたの友達(外国人)が

「ニホンゴ勉強したい!」と言って

ネットで(例えば)中国人の日本語講師からレッスンを受けているとします。

 

それで日本語が上達すればもちろん素晴らしいと思いますが

日本語ネイティブの私たちからすると

「え、、、、、?」

というのが正直な感想ではないでしょうか。

 

外国人にも日本語がペラペラな人はたくさんいるし

外国人だからこそ、その言語の文法などは詳しい、というのもあると思います。

 

ただ、せっかく英語を学ぶのであれば

英語を母国として話すネイティブ・スピーカーから

正しい英語の発音や、自然な言い回しを学ぶべきだと思います。

 

グループレッスンか、マンツーマンレッスンか

 英会話のレッスンには大体

「グループレッスン」「マンツーマンレッスン」

というのがあります。

 

グループレッスンとは

講師1人に対し、生徒2~3人が同時にレッスンを受けることで

 

マンツーマンレッスンとは

講師1人に対し、生徒1人がレッスンを受けることです。

 

英会話の良い所は

「実際に話せる」ところだと、私は思います。

 

英語を聞くだけなら

英語放送のテレビでもラジオでも出来ますもんね。

 

グループレッスンだと安い、というメリットもありますが

自分が話せる時間が2分の1、もしくは3分の1に減るということなので

値段が安いということ以上のメリットがあるかは不明です。

 

というわけで、今回は

マンツーマンレッスンでの値段を比較したいと思います。

 

オンライン英会話比較の条件

前置きが長くなりましたが。

 

オンライン英会話を選ぶ上での条件はいろいろあるとは思いますが

上記の点を踏まえて、今回は

「ネイティブ講師とのマンツーマンレッスン」

という条件で、オンライン英会話を比較してみました。

 

各オンライン英会話学校にウリとなるメソッドはあるかと思いますが

今回は主にオンライン英会話の値段の比較となります。

 

値段の比較に関して

料金に関しては各社さまざまなプランがあり

1回のレッスン時間も異なります。

 

ただ、オンライン英会話は25分単位でやっている所が多いので

今回はオンライン英会話レッスン25分間の料金を比較していきます。

 

基本的には「1回のレッスンが一番安い料金プラン」において比較を行いましたが

1日1回以上受けることを前提としたコースは、現実的ではない

と個人的には思うので、今回は比較の対象からは外しました。

 

また

「その料金プランで月に何回レッスンが受けられるのか」

そして

「月謝にするといくらになるのか」

を、まとめの部分に書いていきたいと思います。

 

ネイティブ講師とマンツーマンで話せるオンライン英会話を比較してみた 

①DMM英会話

料金プラン - オンライン英会話ならDMM英会話

 

CMでもよく見かける大手オンライン英会話、ということで

最初はDMM英会話を見てみます。

 

こちらの英会話学校は安くて有名です。

 

スタンダードプランという60ヵ国の講師と話せるプランがあり

1日1レッスン(25分)のプランが、月額4,950円(税込)。

 

これを1レッスン分(25分)に換算すると、なんと165円。

 

そんなに安くて大丈夫!?

という感じですが

 

この値段設定はネイティブの先生しか選べないプランです。

 

60ヵ国の講師+ネイティブの講師ともレッスンを受けたい場合

プラスネイティブプランというプランがあり

こちらのプランだと1日1レッスン(25分)で、月額15,800円(税込)。

 

1レッスン分(25分)に換算すると約527円になります。

 

5000人の講師がいるという中でも

ネイティブの講師は160人。

 

もちろん

「ネイティブ講師が人気で予約が取りづらい」

ということになると思いますが

 

料金が約3倍のプラスネイティブプランにすると

「ネイティブ講師の予約が取りやすくなるよ!」

ということになるようです。

 

※ただし

ホームページにも注意書きがある通り

予約状況によってはネイティブ講師を予約できないこともあるそうです。

 

うーん。。。

 

DMM英会話まとめ

1レッスン(25分)=約527円

 

月間レッスン頻度と月額:

月30レッスンで、月額15,800円(税込)

 

安さではナンバーワンです。

 

ただし

ホームページに注意書きが載っているくらいなので

全体の3割ほどしかいないネイティブ講師のレッスンは、予約が取れないことも多々あるのでしょう。

 

オンライン英会話大手であるDMM英会話は会員数も多いだろうし

本当にネイティブ講師のレッスン予約が取れるか、、、?

というのが不安な所です。

 

②ECCウェブレッスン

日常英会話 受講料のご案内【ECCウェブレッスン】

 

ECCは英会話学校としても名前が知れていますよね。

広告もたくさん出ているし、なんとなく安心な感じはします。

 

同じECCでも「ECCオンライン英会話」というサービスは

講師が全員フィリピン人ということで、今回の比較からは除外させていただきました。

 

ネイティブ講師とのレッスンが受けられるのは「ECCウェブレッスン」の方ですが

ポイント制を取っており

マンツーマンレッスンでは2ポイントを消費します。

(グループレッスンは、1ポイント。) 

 

ポイントの買い方は月額制一括支払いがありますが

今回は1ポイントあたりの値段が一番安い月額12ポイント受講時間制限のないフルタイムプランで計算してみました。

 

12ポイントが月額24,620円(税込)

マンツーマンレッスン1回(30分)で約4,103円ということになります。

 

高っ、、、、、!

 

めんどくさいのでレッスン時間を25分に直さず30分の料金を書きましたが

レッスンが5分多くても、値段は大して変わらないと思います。

 

そしてさらに

上記の月額のポイント(税込24,620円)購入に加え、、、

 

入学金 8,640円

登録事務手数料 5,400円

スターターキット 5,980円(→テキスト代は別途必要!)

の初期費用と

 

受講生専用会員サイト月々315円

がかかるそうです。

 

ECCウェブレッスンまとめ

1レッスン(30分)=約4,103円

 

月間レッスン頻度と月額:

月6レッスンで、月額24,935円(税込)

 

ひぇっ、、、、、!

 

もしかしたらこれが正当な値段なのかもしれないし

レッスンの質はものすごーーーくいいのかもしれないですが、、、

 

英会話は長く続けてナンボなもんだと思うので

このレッスン回数(月6回)で

この値段(月額24,935円+初期費用20,020円+テキスト代)では

ちょっと手が出づらいですね、、、。

 

サイト自体も、ポイントをたくさん買った場合の総額などが書かれておらず

ECCのメリットはたくさん書いてあるけど

本当に知りたい情報は、なんだか分かりづらい印象でした。

 

ちなみに:NOVA

ECCと同じく、英会話教室を運営する現NOVAの料金プランも確認しましたが

同じような(お高めな)値段設定でした。

 

英会話教室って、高い。

※個人の感想です。

 

③ボストン倶楽部

レッスン料金体系--オンライン英会話ネイティブ講師の格安ボストン倶楽部

 

気を取り直して、普通のオンライン英会話の比較に戻ります。

 

ネイティブ講師のみのオンライン英会話で検索してみたところ

こちらのボストン倶楽部に辿り着きました。

 

こちらのオンライン英会話もポイント制となっており

1ポイント=25分のレッスンとなります。

 

1レッスン(25分)が、972円(税込)。

 

プラス、月会費が別途3,240円(税込)かかります。

 

ボストン英会話まとめ

1レッスン(25分)=972円(税込)

 

月間レッスン頻度と月額:

(例)月30レッスンで、月額32,400円(税込)

 

自分が受けたいだけポイントを買える(4、8、16、24、32ポイントごとに買える)点や

会員でいる限りポイントの有効期限なし、などのいい点もありますが、、、

 

とにかく月会費がイタイ所です。

①のDMMと月会費だけを比較してみると、約2倍も高い、、、。

 

④エイゴックス

料金プラン/オンライン英会話なら【エイゴックス】

 

こちらもネイティブ講師と非ネイティブ講師、どちらのレッスンも受けられるようですが

今回はネイティブ講師のとのレッスン料金を見ていきます。

 

レッスンはポイント制

ネイティブ講師と25分のレッスン=100ポイント

となります。

 

(ちなみに、フィリピン人講師とのレッスンは20ポイント。

フィリピン講師、どんだけ安いんだ、、、!

 

1番安く買えるのが5,600ポイントで月額39,200円(税込?)なんですが、、、

問題は、有効期限が一ヶ月しかない。

 

このプランを購入すると

ネイティブ講師と月56回も話さなければポイントを消化できません、、、。

 

(ちなみに、このプランだと

フィリピン人講師とは月280回もお話できます、、、汗)

 

集中的にやりたい人には向いているのかもしれませんが

普通に働いていたり、学校に行っていたりする人には少々非・現実的。

 

というわけで

次に安い2,800ポイント、月額23,200円(税込?)のプランで計算してみます。

このプランだと、ネイティブ講師と月28回話せることになります。

 

こちらのポイントも有効期限は一ヶ月ですが

こちらの方が現実的ですね。

 

このプランで計算してみると

ネイティブ講師との1レッスン(25分)は、約829円。

 

エイゴックスまとめ

1レッスン(25分)=約829円

 

月間レッスン頻度と月額:

月28回で、月額23,200円(税込かは不明)。

 

いい感じに安くなってきましたね。

 

サイトも見やすくて良かったですし

途中解約の場合でも返金に応じてくれる、というのが好印象でした。

 

ただ、ポイントの有効期限(一ヶ月)が短いかな~とは思いました。

 

⑤Mainichi Eikaiwa

レッスン代について - ネイティブ講師から上品な英会話が学べる!

 

Mainichi Eikaiwaでは、無料体験レッスンを受けました。↓

 

こちらでは月額制ポイント制で選ぶことが出来るんですが

好きな時に好きなだけレッスンを受けられるポイント制「マイオーンペース」の料金プランで計算してみました。

 

レッスンも50分と25分がありますが

今回は25分で計算します。

 

1レッスンあたりの料金が一番安いプランが

180ポイントで158,400円(税込)。

 

額だけ見ると、ものすごく高いですが

この180ポイントの有効期限は1年間なので

月額に換算すると、月24,000円になります。

 

そして1レッスン(25分)が、880円。

 

Mainichi Eikaiwaまとめ

1レッスン(25分)=880円

 

月間レッスン頻度と月額:

(例)月15レッスンで月額24,000円。

 

一番安いというわけではありませんが

ポイントの有効期限が長いのが魅力ですね。

 

同じ料金で

忙しい時は少なめに、時間がある時はたくさんレッスンを受けられるのがいいと思います。

 

ただし

イントの返金などは行っていないので注意。

 

ホームページは分かりやすいんですが、、、少々ダサいシンプルすぎるかな、とは思いました。

 

まとめ

今回は、最近人気のオンライン英会話について

「ネイティブ講師とマンツーマンで話せる」という条件で比較してみました。

 

f:id:akane1033:20161203004005p:plain

 

値段だけみると「DMM英会話」が一番安いですね。

 

ただし

実際にネイティブ講師との予約が取れるかというのは未知数です。

 

「ECCウェブレッスン」は、 

月々のレッスン料も、その他の費用も高すぎる、、、(汗)

英会話学校との併用なら、いいのかもしれませんが。

 

「ボストン倶楽部」は、月会費がネック。

 

というわけで

 「エイゴックス」

「Mainichi Eikaiwa」

の2社が、ネイティブ講師とマンツーマンのレッスンを受けるのには手頃な値段であるのではないでしょうか。

 

最後に:値段だけがすべてではない。大切なのは講師の質!

オンライン英会話を選ぶにあたり

値段が安いというのは大切なポイントの1つです。

 

ネイティブ講師も、マンツーマンレッスン

個人的には大切なことだと思いますが

 

オンライン英会話を選ぶにあたり

一番大切なのは講師の質だと思います。

 

さんざん「ネイティブ講師の方がイイヨ!」って書いておきながらアレですが、、、

ネイティブだからと言って、全員が語学を教えられるとは限りません。

 

例えば。

 

日本語の文法で

英語で「TE-Form」と呼ばれる文法があるのをご存知でしょうか。

 

これは動詞の変化に関する文法なんですが

「食べる」→「食べいる」

というように

「動詞を現在進行形にする時は、動詞の語尾がTE(て)変わるよ!」

という文法です。

 

これ以外にも「TE-Form」の用法は色々あるんですが

ここで日本語につまずく外国人は結構多いです。

 

例えば

「食べる」→「食べいる」

これはわりと簡単なんですが

 

「飲む」→「飲んいる」

「使う」→「使っている」

になるのはなんで??

 

とか。 

 

(昔、ドイツ人の友達に聞かれて答えられなかったことがあります。汗)

 

ちなみにこれは

5段活用動詞音便と呼ばれる変化だそうです。

(いま調べました→動詞の五段活用をマスターしよう - 国語の文法(口語文法)

 

日本語ネイティブの私たちからすると、何の問題もなく使える文法ですが

これから日本語を勉強しよう!という人に

「TE-Formって何?」

って聞かれてもうまく答えられないですよね。

 

「使って覚えろ!習うより慣れろ!」的な考え方もありますが

分からないことを上手く説明する力というのも

語学の教師には求められるものだと思います。

 

つまり

ネイティブの講師ならすべてオッケー!というわけではなく

大切なのは

「ネイティブ講師が教え方の教育を受けているかどうか」だと思います。

 

ただ、こればっかりは

実際にレッスンを受けてみないと分からないんですよね、、、。

 

なので

もし気になるオンライン英会話学校があれば

最初に体験レッスンを受けてみることおすすめします。

 

 

おわり!