読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

ある時突然果物アレルギーを発症したので、症状や原因を考察してみる

アトピー・アレルギーについて

去年の春、突然果物アレルギーになりました。

 

以前は食べ物に関するアレルギーはなかったんですが

ある時期を境に、特定の果物にアレルギー反応を示すようになってしまいました。

 

今回は

私が経験した突然起こった果物アレルギーについて書きたいと思います。

f:id:akane1033:20161106003650p:plain

 

 

きっかけは、リンゴを食べた時に感じた喉の違和感

最初に違和感を覚えたのは

朝ごはんで久しぶりにリンゴを食べた時のこと。

 

以前

トーストにリンゴとブリーチーズをのせて

その上にはちみつを塗って食べる

という食べ方にハマっていたんですが

(かなり美味しいので、オススメです!)

そのトーストを久しぶりに食べた時の事でした。

 

リンゴとブリーチーズのトーストを食べ始めてから

「あれ?喉がイガイガするなぁ、、、。」

と感じました。

 

そして、だんだん唇が腫れていきました。

 

唇も、そこまで酷く腫れたわけでもなく

喉の違和感もしばらくすると収まったので

「体調でも悪いのかな?」とか

「アトピーかな?」

などと考えていたんですが 

 

この時はまさか

リンゴのせいでこのような症状が出ているとは思いもしませんでした。

 

その後、毎回喉の違和感を感じるように

その後も 

リンゴを食べては喉がイガイガして痒くなることが続いたので

この喉の違和感はリンゴのせいだと気が付きました。

 

リンゴだけでなく、他の果物でも同じ症状が起こった

一番最初に「おかしい」と思ったのはリンゴですが

他の果物でもリンゴを食べた時と同様の症状が起こるようになりました。

  • イチゴ
  • チェリー
  • モモ
  • ナシ
  • キウイ

 

果物でも、加工品なら大丈夫

例えばリンゴでも

市販のリンゴジュースリンゴジャムアップルパイなどの加工品では

食べても何も起こりませんでした。

 

ただし

生の果物をミキサーにかけただけのスムージーなどは

生の果物を食べた時と同じ症状が出てしまいました。

 

同じ果物でも

熱処理を施していない生の果物にのみアレルギー反応を示すようです。

 

果物アレルギーの症状

  • 喉の奥がイガイガして痒くなる
  • 唇が(少しだけ)腫れて痒くなる

 

「たったこれだけ?」と思われるかもしれませんが

私の場合はたったこれだけです。

 

たったこれだけの症状ですが毎回は結構辛いので

自然とアレルギーの出る果物は食べなくなりました。

 

人によっては

腹痛下痢嘔吐などの症状が出る方もいるそうです。

 

口腔アレルギー症候群

私の場合

アレルゲンである果物を食べると

すぐに喉がイガイガして痒くなり

徐々に唇が腫れて痒くなります。

 

そして30分ほどするとすべての症状が収まります。

 

私のように口の周りや口腔内にだけ症状が現れるアレルギー「口腔アレルギー症候群」と呼ぶそうです。

 

口腔アレルギー症候群(こうくうアレルギーしょうこうぐん、OAS:oral allergy syndrome、あるいは花粉食物アレルギー症候群と呼ばれている)とは、未調理の果物生野菜スパイスナッツ類によって引き起こされる食物アレルギーの一種である。最も一般的な症状は、口やのどのかゆみで、それは食物が口に入った途端にはじまる。[1]

口腔アレルギー症候群は、花粉アレルギーを持っている人々に見られ、それは花粉アレルゲンと非常によく似た、果物、野菜、ナッツ類に含まれるアレルゲンによって引き起こされる。これらの症状は不快かつ不愉快であるため、ほとんどの人はその食物を食べるのを止める。[2]

 

引用:口腔アレルギー症候群 - Wikipedia

 

口腔アレルギー症候群

または花粉食物アレルギー症候群とも呼ばれるそうです。

 

果物だけでなく

生野菜スパイスナッツ類でも

アレルギー症状が出る場合もあるようです。

 

花粉症との関係?

「果物アレルギー」をネットで調べると

必ずと言っていいほど花粉症との関係について書かれています。

 

私は花粉症は発症していないんですが

よくよく思い出してみると

果物アレルギーの症状が現れた去年の

疑わしき症状が出ました。

 

それは

一ヶ月間サラサラした鼻水が止まらなくなった。

というものです。 

 

鼻が詰まるということはなく

昼夜を問わず、ずーっとサラサラした鼻水が出続けていました。

 

仕事中などもずーっと出続けていたので

しょっちゅうトイレに駆け込んでは鼻を拭っていました。

 

夜寝るときも鼻水が止まらなくてなかなか寝付けなかったんですが

寝始めると自然と止まるんですよね。

そして、朝目が覚めた瞬間は鼻が通っていて

「治った?」と思うんですが

起きるとまた鼻水が出始める。

 

本当に、困りました。

 

サラサラした鼻水が、

しかも一ヶ月も止まらないというのは初めての経験でした。

 

そして、その症状は今年の春にも現れました。

 

もしかしたら

これが花粉症の始まりなのかもしれませんが、、、。

 

ただ

花粉症の他の症状である

くしゃみ目のかゆみは全く起こらなかったので

花粉症ではない、、、と信じたいです。

 

花粉症やアレルゲンの検査はまだしていないので

何とも分かりませんが。

 

ただ

口腔アレルギー症候群は花粉症を持っている人に多くみられる

というのは確かだそうです。

 

果物アレルギーの治療方法はあるの?

残念ながら現在は対処療法しかありません。

 

アレルゲンとなる果物を食べないようにする

抗アレルギー剤を服用するしか方法がないようです。

 

症状が出た際には

抗ヒスタミン剤ステロイド剤を服用するという方法もあるようですが

薬を使わなくてもしばらくしたら症状が治まることが多いので

あまり意味はないかもしれません。

 

とにかく

「アレルゲンとなるものを食べない」

というのが一番効果のある対処法だと思います。

 

ちなみに

疲れていたり体調が悪い時

アレルギー症状が酷くなりやすいので

特に注意が必要です。

 

果物アレルギーになった原因を考えてみる

食べ過ぎでアレルギーを発症した?

「1日1個のリンゴで医者知らず」

という英語のことわざがありますが

ドイツでもリンゴはよく食べられています。

 

そして、なにより安い。

 

時期にもよりますが

1キロ2ユーロ(約230円)ほどで買えます。

 

旦那がリンゴ大好きなので家に常備はしていましたが

私自身は海外に来たことによって果物を食べる量が増えたということもありませんでした。

 

日本の実家に居た時の方が、よく食べていました。

お母さんが剥いてくれたリンゴ。

 

ドイツに来てからは

食べるとしても朝に時々食べる2切れぐらいでした。

 

日本のりんごに比べてドイツのものはとても小さいので

2切れなんて本当に少しです。

 

なので、同じ果物の過剰摂取でアレルギーになったとは考えられません。

 

アレルギー体質?

元々アトピー持ちなので

アレルギー体質ではあると思います。

 

皮膚科ではハウスダストアレルギーだと診断されたこともありますし

アレルギーテストはしていませんが

猫アレルギーがあることも自覚しています。

 

猫は大好きなんですけどね、、、。

実家に猫が2匹いるんですが

モフモフしていると絶対に体調が悪くなります(泣)

 

f:id:akane1033:20161106004721j:plain

ソラ♀

 

f:id:akane1033:20161106004753j:plain

リク♂

 

花粉症を発症したから?

花粉症を発症したかどうかというのは正直まだ分からないんですが

もし花粉症になっているとすれば

花粉症のせいで果物アレルギーも発症した可能性が高いです。

 

ただ

花粉症と果物アレルギーは

ここまで同時期に発症するものなのでしょうか、、、。

 

結局

なぜ突然果物アレルギーになってしまったのか

原因は今も分からないままです。

 

最後に

私は、特に果物が好きなわけではありません。

 

どちらかと言えば

果物よりはチョコを食べたい派です。

 

なので

果物アレルギーになったからと言ってそこまで悲しいわけでもありませんが

一生食べられないとなると

それはそれでなんだかガッカリです。

 

せっかく果物が安く買える国に住んでいるのに、、、!

 

ただ

体質が変わることによって果物アレルギー(や花粉症)が治ることもあるというのは信じているので

まずは日々の健康管理

十分な睡眠健康的な食事運動などは心がけてみようと思います。

 

 

おわり!