ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

ハンブルグの基本情報と、ドイツ人の旦那がハンブルグを嫌いな理由

私とドイツ人の旦那は、2011年から5年ほどドイツのハンブルグという街に住んでいました。

 

が、

 

旦那は、大のハンブルグ嫌い。

f:id:akane1033:20170425005836p:plain

 

今回の記事では

ハンブルグの基本情報と、ドイツ人の旦那がハンブルグを嫌いな理由について書きたいと思います。

 

 

ハンブルグの基本情報

日本人にはあまりなじみのないドイツ第2の街、ハンブルグ。

 

以前は日本企業も多く、駐在員などの日本人も多く住んでいたようですが

最近はドイツにおける日本人街・デュッセルドルフに移転する企業が多く

ハンブルグの日本人人口はめっきり減っています。

 

(以前ハンブルグの日本人会ハンブルグに住む日本人の数を聞いたことがありますが、正確な数字は秘密だそうで教えてくれませんでした、、、なんでやねん。)

 

以前は日本からの直行便もあったようですが

現在、日本からハンブルグの直行便はありません。

 

不便、、、。

 

まずは、そんな知られざる?ハンブルグの基本情報をまとめてみました。

 

ハンブルグの場所

f:id:akane1033:20161003080847p:plain

 

ここです。

 

北ドイツに位置しています。

 

Hamburgの読み方

ドイツの都市Hamburg。

 

ハンブルまたはハンブル

日本語表記だと2つの読み方があります。

 

日本語だと「ハンブルと表記されることが多いですが

ドイツ語に近い書き方をすると「ハンブルとなります。

 

ドイツの日本領事館でも「ハンブルを正式な書き方として採用しています。

詳しくはこちらの記事↓


え、どっちでもいいって??

 

確かに。

 

ハンブルグの人口

ハンブルグの人口は約175万人。

 

ドイツ国内ではベルリン(人口約343万人)に次いで、2番目に人口が多い街です。

 

日本では

札幌市(人口約190万人、日本の人口順位4位)と

神戸市(人口約154万人、同5位)の間ぐらいの人口があります。

参照:日本の市の人口順位 - Wikipedia

 

ちなみに

日本での姉妹都市大阪です。

 

ハンブルグいろいろ

以下、記載がない引用はウィキペディアより。

 

ハンバーグの語源はハンブルクの労働者の食事として流行っていたタルタルステーキから来ている。

 

ハンバーガーの由来は、ハンブルグの労働者が食べていたタルタルステーキから。

 

うーん、3へぇ~ぐらい?

 

そもそもタルタルステーキとは何なのか、、、?

 

エルベ川の支流・アルスター川河口にある港湾都市で、ドイツ北部における経済の中心地。

 

ハンブルグは港町。

 

ドイツ国内では第1位、ヨーロッパ内でも第2位の規模の港を有しています。

(ヨーロッパ第1位は、オランダのロッテルダム港。)

 

ハンブルグの自慢と言えば、

町の景観の特色のひとつが運河にかかる橋で、アムステルダムヴェネツィアをあわせたよりも多くの橋がある。

 

これ、結構すごくないですか!?

水の都・ヴェネツィア より橋の数が多いだなんて、、、!

 

ちなみに

ハンブルグ市庁舎

ロンドンのバッキンガム宮殿より6部屋多いのが自慢。

 

ハンブルグ市庁舎f:id:akane1033:20161003065611j:plain

Hamburger Rathaus – Wikipedia

 

あれ?意外と

ど う で も い い。

 

また、ナイト・クラブがならぶレーパーバーン歓楽街として有名である。 

 

ちなみにレーパーバーンとは

ドイツ国内でも屈指の知名度を誇り、「世界で最も罪深い1マイル」などとも称される。ビートルズが世界的に有名になる前、このレーパーバーンが活動の中心地であった。

 

引用:レーパーバーン - Wikipedia

 

「世界で最も罪深い1マイル」と呼ばれるこの通り。

確かにいかがわしい店が多いです。

 

「飾り窓」がある通りもあります。 

(飾り窓の通りは、18歳以下の子ども女性は入場禁止!)

 

そして

かの有名なビートルズが下積み時代を過ごしたのもここ、ハンブルグ!

 

レーパーバーンには、その人気にあやかろうと

ビートルズの像らしきものがあります。

 

らしきもの。

 

その像がどれほどガッカリかは、

ご自分の目でお確かめください。

 

ハンブルグのサッカークラブ

ハンブルグには

ブンデスリーガ(ドイツ国内リーグ)1部ハンブルガーSV

2部FCザンクトパウリという

2つのサッカークラブがあります。

 

ハンブルグガーSV

ここ数年毎年2部への降格争いに参加しておりガッカリな感じですが

ブンデスリーガの中では一度も2部に降格したことがない唯一のクラブというのが誇りらしいです。

 

(だったらもっと、しっかりしてくれー!)

 

そして

2部のFCザンクトパウリのロゴは、ドクロ。

このパーカー、色違いもあって結構かわいい。 

ハンブルグでは着ている人が多いです。

 

FCザンクトパウリには熱狂的なファンが多く、危険なにおいがプンプンします。

 

現在、どちらのクラブにも1名ずつ日本人選手が在籍しています。

以前は高原なんかもハンブルガーSVで活躍していたようです。

 

ハンブルグ出身の有名人

現在のドイツの首相アンゲラ・メルケルもハンブルグ出身。

 

古いところだとブラームスもハンブルグ出身です。

 

ちなみに

「世界の住みやすい都市ランキング2016」では

ハンブルグは堂々の第10位に選ばれています!

 

f:id:akane1033:20161002225430p:plain

Daily chart: The world’s most liveable cities | The Economist

 

旦那がハンブルグを嫌いな理由

①寒い・天気が悪い

これは圧倒的に寒い。

 

ハンブルグが北緯53度なのに対し

日本の最北端・択捉島は北緯45度

 

日本の最北端より緯度が高い!

 

ちなみに

転機が悪く寒い事で有名(?)なロンドン北緯51度)よりも緯度が高いです。

 

とにかく寒い。天気が悪い。

 

そして、冬がとにかく長い。

 

冬が長かろうが、寒かろうが

それでも太陽が出ていればまだいいのかもしれませんが、、、

 

12月の日照時間は、東京では平均166時間であるのに対し、デュッセルドルフでは平均40時間(図1)。東京のわずか4分の1です。

 

引用:ドイツの日照時間と健康 - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

 

ドイツ・デュッセルドルフの12月の日照時間は、東京のわずか4分の1。

 

デュッセルドルフはドイツ中部にある街で、ドイツ国内での日本人の街です。

日本人めっちゃいっぱいいます。

 

そのデュッセルドルフより更に北にあるハンブルグの冬に、太陽はないと言っても過言ではない。

 

とにかく毎日グレーな空模様で、毎年冬季うつになりそうになります。

 

②人が多い

ドイツ第2の人口を抱えるハンブルグ。

まあ、人は多いです。

 

が、

 

日本出身の私からするとそうでも、、、。

 

東京のあの通勤ラッシュに比べると比較的ゆったりしているように見えますが

旦那からすれば、そんなことはないらしい。

(ちなみに、日本好きな旦那も日本の大都市は嫌いです。) 

 

交通渋滞

大きな都市はどこもそうですが

交通渋滞がひどい。

 

そして、ドイツ人の運転は荒い。

 

青信号になっても発車しなかった場合

1秒後には後ろの車にクラクションを鳴らされる始末。

 

自分本位な運転をする人が多いため

特にラッシュアワーの渋滞には閉口するんだとか。

 

駐車場が見つからない

こちらも車関係ですが。

 

日本とは違い

ドイツには家に駐車場がない場合が多いです。

 

地下駐車場が付いている家もありますが、それは高級住宅な場合が多く

私たちのように一般的なアパートに住んでいる場合は駐車場なんか付かないことがほとんどです。

 

では、どうするのか?

 

路駐です、もちろん。

路上駐車。

 

路上駐車は特に禁止はされていないのですが

問題は場所の取り合い。

 

とにかく、駐車スペース足りなさすぎる。

 

私たちの住んでいる地区は住宅街で、特に駐車スペースが足りなく

駐車スペースの取り合い戦争が日々勃発しています。

 

帰宅のラッシュアワーが始まる午後4時以降

駐車場を探すのは絶望的な場合が多いです。

 

悪い日は

30分以上駐車場を求めて近所を徘徊する日も。

 

生活スペースの問題

旦那はミュージシャンなので家で楽器を弾く機会も多いですが

その音でご近所とトラブルになることもしばしば。

 

ご近所トラブルと言っても、そこまで酷いものでもありませんが。

下に住んでいるおばあちゃんに小言を言われる程度です。

 

旦那は旦那なりに、騒音にはかなり気をつかっています。

 

ドイツにはRuhe Zeit(ルーへ・ツァイト)と呼ばれる

静かにしていなければいけない時間帯があります。

 

夜の10時~朝の7時までと

昼の1時~3時なんですが

 

その間は、旦那は楽器は弾きません。

 

その時間以外に、音量に配慮しながら弾いているにもかかわらず

下に住んでるおばあちゃんから速攻What's App(Lineみたいなやつ)が飛んできます。

 

「私には、静かに1日を過ごす権利がある!」と。

 

でぇ~たぁ~

ドイツ人の権利主張!

 

そんな事言い始めたら

旦那にだって家で楽器弾く権利あるんですけどぉー!?

 

そもそも月の半分以上家に居ないんだから

1日1時間、家で楽器弾くぐらい良くない!?

 

ってな感じで

旦那はかなり怒っているようです。

 

(ちなみに、下のおばあちゃんとは仲良くやっています。ご心配なく。)

 

③地形がつまらない

旦那曰く、

北ドイツは「地形がつまらない」らしいです。

 

ハンブルグを含めた北ドイツ一帯は、ものすごく平ら。

つまり山が一個もありません。

 

自然大好きネイチャーボーイ(40歳男性)にとって

これほどつまらないことはないらしいです。

 

山があれば自然があり、

山があれば川が流れ、

山があれば動物や虫も住める。

 

かたや、ハンブルグ。

 

とにかく、ひらたい。

 

確かに、ハンブルグの街中には

坂さえ無いに等しいです。

 

自転車通勤の身には、ありがたいんですけどねぇ、、、。

 

④社会からの圧力

これはハンブルグに限らず、ドイツ全土での話ですが。

 

以前「目に見えないレール」についての記事を書きましたが↓


日本ほどではなくとも

社会からの無言の圧力があるのは、経済大国ドイツでも同じこと。

 

ちょっと尋常じゃない位レールを逸脱している旦那にとって

この圧力嫌なものでしかないようです。

 

特に旦那の気に入らないのが

「生きているというだけでお金がかかりすぎる」

ということだそうです。

 

税金が高い。

保険料が高い。

年金が高い

住民税が高い。

家賃が高い。

、、、などなど。

 

どれも生活していくためには払わなくてはいけないお金ですよね。

 

人がこの世に生まれて生きていくにあたり、なぜここまでお金が必要なのか。

もともと生活にかかるコストが非常に低い旦那には、なかなか理解しがたいようです。

 

加えて

普通の会社に勤めている場合、税金やその他のお金を支払うのに会社がサポートしてくれる場合が多いと思いますが

旦那のようにレールから外れている場合、このお金を払う手続きが非常に複雑です。

 

じゃあなぜハンブルグに住んでいるのか?

旦那は少年時代をハンブルグで過ごしました。

 

旦那の経歴的なものは、こちらから↓

 

旦那の出身は、旧東ドイツの田舎ですが 

ドイツ語が話せない外国人(私)にとっては都会に住むのが一番楽。

 

ということで

私がドイツに来るにあたり、一応気をつかってくれたみたいです。

そのおかげで、仕事も割とすぐ見つけることができました。

 

、、、あれ?

もしかして、ハンブルグ嫌いな旦那がハンブルグに住んでいるのは私のせい?

 

旦那がドイツで最初に住む場所を都会(ハンブルグ)にしてくれたことについては非常に感謝しているんですが、、、

 

なんせ最近は、ハンブルグに対してのグチが多すぎる。

 

そんな事、私に言われましても、、、。

 

まとめ

まあつまりは

ヒッピーは大都市に向かない

ということなんでしょう。

 

ちなみに

私たちは来年田舎に引っ越す計画を立てています。

もちろん言い出しっぺは旦那です。

 

旦那の出身地、旧東ドイツの田舎へ。

義両親の持っている敷地にを建てることになりそうです。

 

個人的には

外国人としてチャンスが少ない田舎に引っ越すのはためらわれるんですが、、、。

日本の食材店とかもないし。

 

でも、コレ!と決めたら聞かない旦那。

若干あきらめモードに入ってます。

 

まあ、引っ越すといっても一生そこに住み続けるわけでもないと思います。

なんせ、ヒッピー(旦那)のことですから。

 

一番最初の記事にも少し書きましたが↓

 

旦那の「移動型生活」拠点を移すだけの話になりそうです。

 

安く家が買えるのであれば

都会で家を借り続けるよりは、お金かからないだろうし。

 

そして、そんなヒッピー(旦那)と結婚した今

私もその移動生活に付き合わされることになりそうです。

 

今後どうなることやら、、、。

 

そんな私の移動生活(予定)を、このブログを通して

生暖かく見守ってくださるとありがたいです!

 

 

おわり!

 

 

追記:

ドイツの真ん中、ハルツ山地という田舎に引っ越しました。

(義両親の持っている敷地に家を建てるという話は、ナシになりました。)

 

 

旦那は、ハンブルグを離れられてとても幸せそうです(笑)

私も、今のところはドイツの田舎生活を楽しんでいます。