ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?めんどくさがり屋インドア女子の奮闘記

ドイツ国内を安く移動しよう!おすすめの交通手段をランキング形式で紹介します

ドイツに住んで早5年。

 

ドイツは住みやすい上に、観光地としても有名です。

f:id:akane1033:20160926060556j:plain

 

世界観光ランキングでは、日本(16位)を抑え7位に選ばれるほどの観光地っぷり。

参照:世界観光ランキング - Wikipedia

 

でも海外旅行って、高いんですよね。

交通費、宿泊代、飲食費、お土産代、、、と、お金がかかってしょうがない。

 

今回は、その中でも交通費にスポットを当ててみました。

 

日本からの往復の飛行機なかなか安くはなりませんが、ドイツ国内の交通費は方法を選べばかなり安く抑えられます!

 

この記事では、私が実際使ってみていいと思えたドイツ国内の割安な移動方法ランキング形式で紹介します。

 

 

※以下の方法は、ドイツ国内のみならず近隣諸国へも行けます!大陸ばんざい!

 

 

第1位:長距離バス

私が最もおすすめしたいドイツ国内の割安な移動方法は、長距離バスです!

 

ドイツ国内をほぼ網羅する長距離バスは、観光客のみならずドイツ人にもよく使われています。

夜行バスよりは昼間に運航しているバスが多いです。

 

長距離バスを使うメリット

①とにかく安い!

個人的に急な予定が入ることが多いので、わりと直前まで最安値の値段でチケットを買えるのはとても助かります。

これも本数が多いから成せる技だと思います。

 

②キャンセルが実質無料

取ってしまったチケットのキャンセルにも対応してくれます。

旦那の予定はコロコロ変わることが多いので、これは非常にありがたい!!

 

チケットをキャンセルすると、お金がクーポンで戻ってきます。

つまり実質無料でキャンセルが出来ます。

次回同じバス会社でチケットを買いたいときに、クーポンの番号を入力して使います。

 

取ってしまったチケットを一度キャンセルして、新たに買いなおすことで予約の変更も可能です。

 

③サービスが充実している

車内トイレはもちろん、無料Wi-Fiコンセントがついている場合が多いです。

(ただし、Wi-Fiは繋がりにくい事が多いです、、、。)

 

長距離バスを使うデメリット

①時間がかかる

いろいろな都市を回りながら、人を乗せたり降ろしたりしながら運航するので、長い区間を乗る場合はとても時間がかかります。

 

また道路の混雑状況によっては、到着時間が大幅に遅れることがあります。

 

長距離バス会社のサイト

①FlixBus(Mein Fern Bus)

ドイツ国内の業界最大手。名前とサイトが2つあるのは、現在2つの会社が統合中のためです。本数が多くて使いやすいが、利用者も多く混んでいることが多い。

https://www.flixbus.de/

https://meinfernbus.de/

②Postbus

Postが運営するバス会社。サービスが良く、混雑も少なめ。上記の最大手と合併することが決まっているので、今後はなくなる可能性も?

https://www.postbus.de/ 

③Berlin Linien Bus

名前の通り、ベルリン発着に強いバス会社です。

https://www.berlinlinienbus.de/

④Eurolines

ドイツ国内のみならず、国外への発着も多いのが特徴。

https://www.eurolines.de/en/home/

 

第2位:電車

長距離バスに比べたら料金は高くなりますが、目的地到着までにかかる時間が少なく、交通状況に左右されないためトラブルも少ないです。

 

電車の正規料金は高いですが、早めに購入することでとても安くチケットが買えます。(時期やタイミングによっては正規料金の75%引きで買えることも!)

電車のチケットは、3か月前から買うことが出来ます。

 

電車を使うメリット

①とにかく早い

移動時間が惜しい時は、電車を利用します。

目的地にもよりますが、直通の最短距離で行けることが多いです。

 

②運行時間が正確なことが多い

道路の混雑に左右されやすい長距離バスや車に比べると、運行時間が正確なことが多いので、到着地での次の予定が立てやすいです。

(ただし故障や事故、天候などにより遅延することはあります。)

 

電車を使うデメリット

①値段が高い

一番割引率の高いチケットを買えたとしても、長距離バスの最安値よりは高い事が多いです。

 

②チケットが割引される基準が分かりづらい

基本的に早く買えば買うほどチケットの割引率も高いことが多いですが、例外もあるようです。 

詳しくはこちらのサイトに詳しく書かれています。

ドイツニュースダイジェスト:ドイツで賢くお得に鉄道&バスの旅 - ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

 

サイト

①Deutsche Bahn(DB)

日本でいうJRに当たる会社です。

https://www.bahn.de/p/view/index.shtml

 

第3位:車の相乗り

難易度は高めですが、一度は試してみることをおすすめしたい!

 

車の相乗りシステムであるMitfahrgelegenheit(ミットファーゲレーゲンハイト)。

 

Mitfahren(ミットファーレン:同乗する、一緒に行く)という単語と

Gelegenheit(ゲレーゲンハイト:機会、チャンス)という単語が合わさってできています。

 

車でどこか別の街に移動する人が、車の空いている座席に他の人を乗せていくというこのシステム。

座席指定のヒッチハイク、といった所でしょうか。

 

車を持っていない人には安い交通手段を提供し。

車を持っている人は、車の空いたスペースを利用してお金がもらえる。

双方に得のあるシステムです。

 

車の相乗りを使うメリット

①ドライバーとの交流

現地の人と関わり合いになる機会の少ない観光旅行。

目的地に到着するまでの時間、いろいろ話を聞くのもおもしろいです。

(ただし、ドライバーによります。運転の邪魔にはならないように注意!)

 

また、ドライバーとの交渉によってはドアtoドアで目的地を目指すことも可能です。(出発地から目的地までが、ドライバーの旅程の範囲であれば。)

 

車の相乗りを使うデメリット

①ドライバーとの交流

え!?メリットでも同じこと言ったじゃん!と思われるかもしれませんが

こちらはドライバーと交流することのデメリットについて。

 

まずは知らない人の車に乗るので、完全に危険がないとは言いきれない点です。

普通のヒッチハイクよりはもちろん安全性は高いですが、女性一人旅の場合は、乗る前に車のナンバーを控えて知り合いに伝えておくなどの配慮があると安心です。

 

あとは、ドライバーに気をつかわなくてはいけない点もネックかもしれません。

例えばトイレ休憩はいつ取るのか車内で食べ物を食べてもいいかなど、ドライバーとの兼ね合いが必要となります。

 

②サイトがすべてドイツ語

長距離バスや電車と違い、車の相乗りに関するサイトはすべてドイツ語です。

 

たとえドライバーが英語を話せる人でも、そのドライバーを見つけるまでにドイツ語で情報を読み取る力が必要になります。

 

③大人数では乗ることができない

長距離バスと違い乗用車なので、ドライバーが募集している同乗者の数は、大体1〜2人なことが多いです。

 

サイト

①Bra Bra Car

車の相乗り(Mitfahegelegenheit)において、ドイツ国内で一番有名なサイト。

車に乗せてくれるドライバーの詳細や、実際の同乗者からのドライバーに対する評価なども書かれており、ドライバーを選ぶ際に役立ちます。

サイトも見やすく、サイト内からドライバーに連絡を取ることができます。

https://www.blablacar.de/

②Besser Mitfahren.de

こちらのサイトでは、サイト内にドライバーの連絡先(メールアドレス、携帯番号など)が記載されており、直接ドライバーに連絡を取ることができます。

利用人数は上記のサイトより少ないですが、値段は少し安い印象です。

https://www.bessermitfahren.de/

 

サイトの使い方

Mitfahrgelegenheitのサイトには、同乗者を乗せたい車のドライバーが以下の事を書き込んでいます。

  • 出発地
  • 到着地
  • 出発地
  • 空いている座席数

 

以上の条件を確認し、自分の条件と合致したドライバーを探します。

ウェブサイトからか、もしくは記載された情報から個人的にドライバーと連絡を取ります。

 

※どちらのサイトもドイツ語です!

 

ちなみに 

数は少ないですが、車だけでなく電車での相乗りを募集している人もいます。

 

この場合、同乗者を募集している人は電車のグループチケットを購入していて、グループチケット(通常は5人まで同じ料金)で一緒に電車で目的地に向かう人を探しています。

 

知らない人と狭い車の中で長時間一緒にいるのははちょっと、、、という方は、電車の相乗りの方が気楽です。

 

料金の安い順ランキング

以上3つの移動方法の料金を、安い順ランキングにしてみました。

 

【料金を比較するための条件】

ドイツ国内でも移動の多い、ベルリン→ミュンヘン間を調べてみました。

 

第1位:長距離バス

目的地までの時間:約6時間50分(交通状況により変動あり)

サイト別最安値

Berlin Linien Bus18ユーロ

Post Bus19ユーロ(15,20ユーロ)

()内は、検索した時に出てきた特価価格

FlixBus・Mein Fern Bus19ユーロ

Eurolines29ユーロ

 

第2位:車の相乗り

目的地までの最短時間:約6時間10分(交通状況により変動あり)

サイト別最安値

Besser Mitfahren.de25ユーロ

Bra Bra Car28ユーロ

  

第3位:電車

目的地までの時間:約6時間50分

最安値

Deutsche Bahn:29ユーロ

 

まとめ

今回は、ドイツ国内を安く移動するためのおすすめの手段を独断と偏見で紹介させていただきました。

 

長距離バスは乗ってる時間はちょっと長いですが、安いし使い勝手もいいので特におすすめです。

 

そして個人的には車の相乗りもおもしろいシステムだと思うので、ぜひ一度体験してみて欲しいです!

 

 

おわり!