ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

ドイツ在住6年、29歳。2015年に8年付き合ったドイツ人スリートミュージシャンと結婚しました。ヒッピーな旦那のライフスタイルについていくため、日々奮闘中。2017年4月、ハンブルクからハルツ山地というドイツの田舎に引っ越しました。

【ドイツで結婚!】ドイツでの結婚までの手続きをまとめました【その3】結婚の時に決めることいろいろ

育ってきた環境が違うから、好き嫌いはイナメナイ

 

なんて言われておりますが

 

育ってきた環境がどうにも違いすぎるドイツ人。

 

そんなドイツ人と、結婚する時に2人で決めなくてはいけない事をまとめてみました。

f:id:akane1033:20160907070237p:plain

 

成田離婚って、、、辛いと思うので。

(ドイツ語だと多分フランクフルト離婚。)

 

この記事は、前回からのつづきになります。

 

前回の記事はこちらから

【その1】日本での書類集め↓

 

【その2】ドイツで行う手続きについて↓ 

 

 

全体の流れをおさらい

まずはどんな手続きをこなしていけば良いのか、全体の流れをおさらいします。

 

  1. 日本で必要書類を入手
  2. 必要書類のアポスティーユを取得
  3. 書類を認証翻訳
  4. (ドイツ人婚約者の必要書類を入手)
  5. 管轄内にあるStandesamt(戸籍役場)で予約を取る
  6. 予約の日にStandesamtへ行き、必要書類を提出
  7. 結婚式当日

  8. 日本へ婚姻報告 

 

今回はこの手順1つに関しての話ですが、この段階で決めなくてはいけないことがたくさん出てくるので、それをまとめたいと思います。

 

⑥予約の日にStandesamt(戸籍役場)に出頭し、必要書類を提出

まずは、お疲れ様でした!

長かった書類集めもおわり、書類を提出するための予約もすべて整いました。

 

次のステップは

前回⑤で取った予約の日にStandesamt(戸籍役場)へ行って、書類を提出することです。

 

今まで苦労して集めた書類忘れないで持って行ってくださいね!

あとパスポートも忘れずに持って行ってください。

 

ここで必要書類に不備が見つかれば、訂正してもう一度予約を取り直すことになります。

 

必要書類が無事に全部そろえば、ここで結婚式の日取り結婚後の姓について決めます。

 

ここにまで来てやっと結婚っぽい事を決める機会が増えてきます。

 

料金について 

日本では婚姻届を出して結婚することは無料ですが

ドイツではなんとお金がかかります。

 

役所によって異なるかもしれませんが、私たちの場合は100ユーロ(約1万2千円)ほど取られました。

 

結婚するのにお金がかかるなんて日本人からすると信じられませんが、手数料として取られるようです。

役所で働いている人のお給料になってるんでしょうね。

 

だったら窓口の営業時間伸ばしてよ!って思いますが、そうならないのがここ、ドイツ。

 

結婚式について

ここで言う結婚式とは、役所で行う結婚式のことです。

 

日本では婚姻届を提出するだけですが、ドイツではStandesamtの職員と共に、1時間ほどのセレモニー(結婚式)を行います。

 

結婚式の日取りの決め方

結婚式の日取りは、自分たちの予定とStandesamtの結婚式の予約状況を照らし合わせながら決めていきます。

 

もしStandesamtの予約がいっぱいだと、自分達が結婚したい日に結婚できないこともあります。

 

私たちは特に何も考えずに日取りを決めてしまいましたが、役所での結婚式の日が今後の結婚記念日となるので、気にしたい方は慎重に。

 

また週末は役所の予定が埋まっていることが多く、週末に予約を取るには長い間待たなければいけないことが多いようです。

 

特にジューン・ブライドでおなじみの6月はドイツでも競争率が高いんだとか。

 

ちなみに

営業時間が極端に短いドイツのお役所ですが、結婚式は土日でもできます。

 

結婚式の日取りを決める際の注意

前の記事にも書きましたが、苦労して集めた必要書類は発行日から6か月以内にStandesamtに提出しなければいけません。

 

私は書類を提出した2週間後には結婚式の予約を取ったので確認はしませんでしたが、その6か月の期限が書類を提出する日のことなのか、それとも役所での結婚式の日のことなのかは確認を取っていません。

 

もし結婚記念日にこだわりがあって、その日付が書類の発行日から6か月を超える場合はStandesamtに確認をしておいた方がいいかもしれません。

 

結婚式の招待客について

もし役所での結婚式に呼びたい人がいれば、事前に予定を確認しておいた方がいいでしょう。

特に日本から人を呼びたい場合は、いくつか候補の日を選んでおくと、役所での結婚式の予定を決める際にスムーズだと思います。

 

ただあくまでも役所での結婚式なので、大人数を呼ぶ必要はないと個人的には思います。大人数を呼びたい場合は、別の会場を別途料金を払って借りることになります。

 

また、誰も呼びたくなければ誰も呼ばないこともできます。

 

私たちは一刻も早くこのめんどくさ複雑な結婚のプロセスを終わらせたかったので、特に誰を呼ぶ予定もなく結婚式の日取りを決めました。(それでも旦那の両親や親戚、友人など計15名ほどは都合をつけて来てくれました。)

 

私の場合、役所での結婚式には日本からは人を呼ばず、後日披露宴を行った時に両親などをドイツに呼びました。

 

役所での結婚式と披露宴

役所での結婚式はあくまでも結婚をするための手続きです。

役所での結婚式の他に披露宴を行いたい場合は、役所の結婚式とは別の準備が必要です。

 

役所の結婚式と同じ日に披露宴を行う人もいれば、別の日に行う人もいます。

 

私たちは役所での結婚式と披露宴は別の日に行いました。

 

証人について

ドイツでも日本同様、結婚の際には証人が必要となります。

 

ただ日本とは違い、証人も役所での結婚式に出席するよう求められます。

 

義務ではないようですが、私たちは役所の人に連れて来いと言われました。

 

証人とは言っても、形式上のものです。

 

証人を選ぶ基準というのは特にありません。

結婚後証人が新郎新婦のために何かする必要もありません。

日本同様、知っている人であれば誰でも証人になれますし、国籍なども問われません。

 

私たちの場合、私は日本人の友人を、旦那は自分の妹を証人として選びました。

 

結婚後の姓について

日本と同じようにどちらか一方の姓に統一することももちろんできますが、ドイツでは夫婦別姓も認められています。

 

日本では夫婦別姓はまだ認められていませんが、ドイツのような夫婦別姓が認められている国でその国の人と結婚した場合は、夫婦別姓のままで日本に婚姻届けを出すことができます。

 

ちなみに私は夫婦別姓を選択しました。

旦那の名前、難しくてちゃんと発音さえできないので、、、。

 

※夫婦同姓と夫婦別姓の間を取ってダブルネームという選択もあるようですが、私は夫婦別姓を選んだのでよく分かりません。詳しく知りたい方は「ダブルネーム ドイツ」などでググってみてください。

 

下に夫婦別姓にすることのメリット、デメリットを書き出してみました。

 

夫婦別姓にすることのメリット

夫婦別姓を選択する最大のメリットとしては、いろいろな書類の名前の変更をしなくて良いということです。

 

パスポートや銀行、その他ありとあらゆるすべての書類上の名前を変更しなければならないのはすごくめんど大変ですよね。

 

すでにドイツに住んでいるとなると、日本の他にドイツでもその作業を行わなくてはならなくなるので、、、気が遠くなる話ですね。

 

夫婦別姓にすることのデメリット

私は夫婦別姓に対しあまりデメリットは感じていません。

 

あえて挙げるとすれば、例えば婚前に異性が同じ部屋で寝泊まりをしてはいけない国に旅行に行く場合。

 

そんな国があることにびっくりですが、イスラム圏ではよくあるそうです。

 

姓だけでは結婚しているかどうかの判断ができないので、ホテルの別の部屋に泊まらなくてはいけなくなる場合があるそうです。

 

私はまだ経験がありませんが、ホテル代が2倍になるのは嫌ですよね。

 

ただし、その場合も「結婚証明書」という書類を持っていけば大丈夫です。

結婚証明書は、結婚式をしたStandesamt(戸籍役場)で発行してもらえます。

 

ただ、発行するのにお金がかかります。

確か1通12ユーロ(約1400円)位だったと思います。た、高い、、、

 

私たちは結婚後はじめて2人で長期旅行に行く際に、念のため発行してもらいました。(使いませんでしたが。)

ドイツ語と英語で書いてあるので大体どこの国へ行くのもこれ1枚で大丈夫かと思われますが、観光客があまりいない地域に行く場合は翻訳が必要かもしれません。

 

子どもの姓に関すること

こちらはメリット・デメリットというより、夫婦別姓を選んだ際のルールとなります。

 

夫婦別姓を選んだ場合、子どもの姓はどうなるのか?

 

子どもが夫の姓を使うのか、妻の姓を使うのかは親が決められます。

 

ただし

 

同じ夫婦の間に生まれた子どもの姓は、皆同じものでなくてはいけません。

 

なので第一子が生まれた時に選んだ姓は、第二子以降子どもが何人産まれても子どもみんなの姓となります。

 

つまり同じ親を持つ兄弟姉妹に別々の姓を付けちゃダメだよって事です。

 

これがメリットかデメリットかというのは人それぞれだと思いますが、どちらかというとデメリットになることの方が多いかもしれませんね。

 

子どもの姓に選ばれなかった方の名前を持つ親は、ちょっとだけ仲間はずれな気分になりますし、

子どもからしても片親とは違う名前を持つことに違和感を覚えることもあるかもしれません。

 

夫婦別姓を選んだ場合、姓は後からでも変えることが出来るようですが、期限付きだと言われた、、、ような?(役所の人が説明してくれたんですが、そこんとこのドイツ語よく理解できませんでした。すみません!)

 

私たちにはまだ子どもがいないのでとりあえずこの問題は放置されていますが、家族にとっては大事なことですので、結婚後の姓を決める際の参考にしてください。

 

次の記事につづきます。

長くなりましたが、今回は以上です。

 

次の記事では花形である結婚式当日についてまとめたいと思います。

 

 

 

おわり!

 

 

次の記事はこちらから↓