読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ人ストリートミュージシャンと結婚しました。

バスカーでヒッピーな旦那のライフスタイルについて行けるのか!?ぐうたらインドア女子の奮闘記&備忘録

【ドイツで仕事!】ドイツの日本食レストランでウェイトレスとして働いています。【その1】海外での初仕事

仕事:ドイツの日本食レストランで働いています

ドイツに住み始めて早5年。

 

どこに住むにしても

お金がないと生活できない!!

 

ですよね。

 

私はドイツに来て以来

ハンブルグ日本食レストランウェイトレスとして働いています。

f:id:akane1033:20160822023241p:plain

 

ツウっぽく言うならば、ジャパレス

ジャパニーズ・レストランで、ジャパレス

 

私は使ったことないですが。

(圧倒的に響きダサくない、、、?)

 

ドイツ日本食レストラン5年ほど働いているので

そこでの経験のようなものを書きたいと思います。

 

今回は、海外での初仕事について。

 

主にグチです。

  

海外での初仕事

いま働いているレストランの前に

もう1つ違う所で仕事してました。

 

そこも日本食レストランだったんですが

海外で一番最初に就いた仕事でもあります。

 

その一番最初に働いたレストランでの話です。

 

どんな所?

そこはレストランっていうより

「フードコートの中にある寿司屋」

っていう感じの毛色でした。

f:id:akane1033:20160829230246p:plain

 

レストランとしての店構えはありましたが。

 

セルフサービスのお店でウェイトレスはおらず

お客さんと接するのはレジ係の人1人だけ。

あとの人は厨房でひたすらお寿司を作る係。

 

私もお寿司を作る係で採用されました。

 

仕事内容

え、寿司握れるの!?

 

握れるわけがない

 

お寿司を握ってくれる機械というすごいものが厨房にありまして

それに酢飯を投入したり

機械から出てきたシャリネタを乗っけたり

機械の手伝いをするだけの簡単なお仕事でした。

 

デメリット

でもこの仕事

超つまんなかった。

 

いや、忙しかったは忙しかったんですけど

なんかキッチン狭い

狭いのに人いっぱい働いてる

人が立てるスペース2畳分ぐらいしかないのに

その上で従業員もとい機械の奴隷たち5~6人がウロウロしてる、みたいな。

 

しかも何より給料が安すぎて(泣)

 

メリット

でもいい所と言えば

まかないがあったんですよ。

 

まかないがあるといいですよねー

 

自分でご飯作らなくていいし

美味しいもの食べられるし

なんてったって食費が抑えられる!これ大きい!

 

しかも

お寿司屋さんなのでお寿司のまかないですよ!

 

それがね、、、

もらえるお寿司の数がなんと

 

1日の勤務時間数=まかないとしてもらえる寿司の数

 

つまり

私は1日大体5時間勤務とかだったんですけど

仕事終わりにもらえる寿司の数、5個。

 

5貫じゃないですよ、握り寿司5個。

 

っすくなぁぁぁーーーい!

 

足りない!全然足りない!

 

回転寿司に換算すると2皿半!

 

ダイエット中の女子か!

 

仕事後の寿司5個って、それまかないじゃなくてもはやおやつ!

 

結局

まかない(という名のおやつ)じゃ足りなくて

でもう一回ちゃんとしたごはんを食べる始末。

 

寿司5個とかもう逆に前菜って感じで

その前菜のおかげで逆にもっと食欲わく、みたいな。

 

もー食費とか全然抑えられない。

 

 

しかも

そこのレストラン昼しか営業してなかったんですよ。

 

いっぱい働きたくても18時閉店。

 

 

まかない少なすぎて食費全然浮かない。

私の表情も全然浮かない。

給料安い上に長い時間働く選択肢もない。

 

辞めました。 

 

すみません

本当にただのグチになりました。

 

 

明日はドイツでの求人・転職活動についてちゃんと書きたいと思います。

 

 

おわり!

 

 

次の記事はこちらから

その2↓(求人、転職情報など)

その3↓(海外の日本食レストランで働くということ)